調律師「才気堂」

「才気堂」とは、古いピアノやオルガンを「再起動」するという意味です。 ピアノ調律師として、一般家庭のピアノを調律する他に、ピアノ・足踏みオルガンを再生修理していますので、その楽器をご紹介致します。 自宅は「変な家」、ドームハウスです。

YAMAHA

YAMAHA 拾參號型 オルガン

BlogPaint
新春にふさわしい、派手やかなオルガンの画像
1920年製造 YAMAHA 拾參號型 オルガン 低音2列、高音3列、VoxHumana付 10ストップ 2005年修復

オルガン調整

5e34e7eb.JPG明日納品のオルガンを調整中。オルガンの修理は作業場で、組立と仕上げの調整は自宅で行う。このオルガンは、YAMAHA 5号型。リードが多いので、調律(リードの掃除と調律で丸2日かかる)が大変!ストップも11個あり、全ての効果がキチンと出るようにするのは、結構難しい。

1938年製 YAMAHA ベビーオルガン

57b8527a.JPG2007年11月修理完了。1938年(昭和13)製造、YAMAHAのベビーオルガン。
両側に取っ手のついた小型のオルガンを俗に「ベビーオルガン」という。映画「二十四の瞳」などに出てくるのもこの手の「ベビーオルガン」だ。ベビーとはいえ、意外に音量が出る。しかも、このタイプは、風袋の容量が小さいことが短所でもあり長所でもある。足のペダルのふみ加減で、自在に音量をコントロール出来るのだ。一般に「オルガン」という楽器は、音を鳴らしながら音量を大きくしたり小さくしたり出来ない。同じ音量で鳴り続けるのが「オルガン」らしさでもある。ところが、このベビーオルガンの場合、ペダルの加減で、クレシェンドしたりデクレシェンドしたり出来る。
リードオルガンは「ストップ付き」のタイプが高級であると思われがちだが、本当に「リード」好きな人にとっては、このベビーオルガンこそ、もっともリードオルガンらしいオルガン、と言えるだろう。
修理の様子は、才気堂HPにて掲載中。

S400B 響板

BlogPaint下からみた「響板」、がっかりするくらい「木」が美しい。音は物凄くよく響き、屋根を閉じていても、微妙なニュアンスが弾き分けられ、聴き分けられるくらい、はっきり音色が聴き取れる。側板も、C3に比べて、分厚く出来ている。

S400B ペダル

BlogPaintペダル支え棒、もスタインウェイと同じ、「木の棒」になっている。コンサート用らしく、ペダルはやや重い。コレは、本番ではピアニストは「靴」を履いて演奏するため。中のスプリングを外すと、普通のグランドと同じ位の重さに出来る。

幻の名器 S400B

BlogPaintスタインウェイのフレーム右側には、太く黒く「STEINWAY」と書かれているが、「S400B」にも同じように太く黒く書かれている。タッチ感、音色、「CF」が凝縮されたような、まぎれもなくYAMAHAの音だが、このピアノは、YAMAHAが本気を出せばスタインウェイと比肩できるピアノが出来るんだ!という意気込みが形になったようなもの。スタインウェイが欲しいけど、実はYAMAHAのタッチ、音色が好き!という方にオススメ。現行新品の「C3」「C5」とほぼ同価格で、「S400B」の中古が買える、としたら、どちらを選びますか? 私は、「S400B」をお奨めします。但し、中古で年に2〜3台しか出てこない「激レア」ピアノ。

設置が終わったS400B

3d15dae9.JPGこの「S400B」はYAMAHAが一番ピアノを作っていた時期、スタインウェイに比肩できるサロンコンサートピアノを!、ということで作られたピアノ。1982年登場時、ほぼ同サイズの「C3」の2倍以上の「¥3,000,000-」だった。「S」シリーズは現在も作られているが、調律師にも人気の高いのは80年代の「S400B」。何がどう違うのか、やはり「素材」だと思う。そして「設計」「手間の掛け方」かもしれない。思った通りの音が出る。もっと強い音!と思って力を入れればどんどん強く出て、しかも音色は割れずに美しいまま大きく出る。もっともっと弱い音!と思えば、やっと聞こえるくらいのかすかな音がしっかりと響き、しかも音色は玉のように美しい。 家庭に入る「コンサートピアノ」、それがS400B。

S400B 開梱 脚の取付け

a98900e4.JPG立てた状態で、3本のうち2本の脚をつけ、起こしてからもう1本の脚をつける。

S400B 開梱

09a555e6.JPG重さ約350kgのピアノも2人で運ばれる。

写真のように、グランドは「舟」と呼ばれる木枠に、立てて梱包されている。

YAMAHA S400B がやって来た!

dc41f612.JPG床にマットを敷き、この上を滑らせて所定の位置までピアノを入れる。

S400B到着

BlogPaintYAMAHAのS400Bが搬入される様子その1

YAMAHA S400B がやって来る!

180ca5fb.jpgYAMAHAの幻の名器「S400B」をしばらく預かることになった。

とりあえず、元々あった「C7」を移動して、その到着を待つ。

1938年製 YAMAHA 4ストップ リードオルガン

fed802fc.JPG 2008年1月末預かりのYAMAHA4ストップリードオルガン、修理完了。
 このオルガンは、製造番号322183、おそらく昭和13年頃の製造。

 私の好きな機種で、赤い外装、YAMAHAの「Y」をデザインした透し彫り、細身の奥行きなど、他のオルガンにない特徴がある。
 持ち主の方が、数年前に大きな楽器店で「直っている」ときいて買ったものらしいが、買ってすぐに音が出なくなりそのままだったらしい。修理で預かった時の状態は、いい加減な応急処置だらけで、その変な補修跡を剥がしたり、やり直したり、という手間が大変だった。時代が戦争に向かっていた時期らしく、本来なら真鍮であるべき鍵盤ピンが「竹」で出来ている。
 リードオルガン修理は、うんざりするくらい時間がかかり、修理方法も難解で解決不可能なものが多いが、結局一番手間のかかる方法で、時間をかけて何とかなってしまう。このオルガンも、こうして直ってみると、その姿は非常に美しい、と思う。音色も古い鳴りだが、高音など意外に空気が通るらしく、主張のある響きがする。

このオルガンの修理の様子は、才気堂HP、にて順次掲載予定。

http://www.saikido.net

サイレントアンサンブルピアノを鳴らす

850c2429.JPG YAMAHAのサイレントアンサンブルピアノは、自動演奏と消音機能がついている、ことは大体分かっている方も多いと思うが、「アンサンブル」についてはまだまだ知られていないかも知れない。
 自動演奏、と言うのは、初めて見た人はビックリするかも知れない。しかし、自宅で鳴らすとなると結構「うるさい」ものだ。自動演奏ピアノを買ったものの、最初は色々鳴らしたけどそのうち全然使わなくなった、というお客さんも多い。この「自動演奏」は、うるさいと感じないくらいの「空間」で鳴らすことが必要だと思う。
 そして、アンサンブル機能でオーケストラやバンドのパートを鳴らして、大音量で思いっきり鳴らす。 ということが、ここなら出来ると思った。
QRコード
QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 理想に近づいた!
  • 理想に近づいた!
  • 貸出用ベビーオルガン!
  • 貸出用ベビーオルガン!
  • 貸出用ベビーオルガン!
  • マチのついたガマ、初挑戦!
  • マチのついたガマ、初挑戦!
  • マチのついたガマ、初挑戦!
  • 白いガマ
  • 白いガマ
  • 白いガマ
  • 今日のガマ
  • 今日のガマ
  • 今日のガマ
  • 今日のガマ口
  • 1日1ガマ  今日のガマぐち
  • 1日1ガマ  今日のガマぐち
  • 1日1ガマ  今日のガマぐち
  • がまぐち、2作目
  • がまぐち、2作目
  • がまぐち、2作目
  • がまぐち、2作目
  • がまぐち、2作目
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 台風情報の夜、、、
  • 気ままに生きる妙年女性の休日顔、、?
  • 気ままに生きる妙年女性の休日顔、、?
  • 気ままに生きる妙年女性の休日顔、、?
  • 50年前のアコーディオン
  • 50年前のアコーディオン
  • 50年前のアコーディオン
  • オルガンで歌う会 in 桐生
  • オルガンで歌う会 in 桐生
  • オルガンで歌う会 in 桐生
  • オルガンで歌う会 in 桐生
  • 台風のあとで
  • 台風のあとで
  • 台風のあとで
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
Recent Comments
訪問者数

    • ライブドアブログ