ピアノ調律師「才気堂」

「才気堂」とは、古い楽器を「再起動」するという意味です。 あらゆるピアノ、リードオルガン等鍵盤楽器を修理再生&調律します。

教会

教会のオルガン 中身だけ直して、、

ヤマハ11ストップオルガン
風袋張替えと、リード、ストップの
掃除をして、現場で組み立てる

この機種に多い、外装のツキ板が
ペロペロ剥がれてしまっているのを
接着し直して、それを押さえておく
治具を作った。
IMG_4528

風袋組み立て時に、こうして支えて
接着する。もたれかかり治具
〜押さえと君〜  と命名!
IMG_4527
IMG_4523

風袋を組み込み、ペダル紐を付けて
IMG_4530

調律は、全リード214枚!
IMG_4551

ぜえんぶ終わって、試奏していると、
鍵盤が下がったままの空鳴りが!
IMG_4555

そういう時は、も一度ぜえんぶ
ネジを外して分解して、響板を
外して調べてみる。
IMG_4554


ソ、の音のバルブに、木のかけらが
ついていた、、、
IMG_4559

トホホな作業を繰り返し、
この教会にリードオルガンの
響きが蘇った、、、

教会のオルガン、中身だけ直す!その1

某教会の控室に何十年も
眠っていた、というか、
隅っこに片付けられて
忘れられていたリードオルガン

おなじみ、ヤマハ11ストップ!

昨年検品に出張して、
ネズミの害で音が出なくなった
というので見てみると、そうではない。
経年変化で風袋がパリパリに
破れてしまっていた、、、

その後電話などで相談して、
お見積を
何度か書き換え、いちばん安い
方法でなんとかすることに、、

それは、現場で分解して、風袋と
鍵盤部分を持ち帰り、風袋は張替え、
鍵盤なストップは分解掃除して、
リードは全部抜いて掃除して、
後日再び現場で組立てて、そこで
調律する、というもの。

この内容だと、
弾いた時のガタガタ感など
気になるものの、
調律と風袋張替えという二大作業を
することで、とにかく「楽器」として
蘇る、、、

分解の日、この機種に多い外装の
剥がれは、後日組立て時に目立たなく
するために着色することにした。
IMG_4295

まず、裏板を外す。
IMG_4300

屋根板と、鍵盤蓋を外す。
IMG_4303

ストップを外す
IMG_4304

鍵盤、響板部分、つまりアクション
全体を外して、それは持ち帰る
IMG_4305

棚板と風袋を外す
IMG_4318

風袋と棚板、、
IMG_4320

大袋の破れたところ、

コレは、ネズミの害などではなく、
経年変化で素材が劣化している、
IMG_4312

昭和40年頃のものだが、
ここまで劣化しているのは
なかなかない、、、
IMG_4308

劣化して、カリカリになり、
パリッと割れて
しまっている、、、
IMG_4314

高崎南教会オルガン、現場で組立て!

教会での、現場での、
リードオルガン組立、
そして214枚のリード調律。
IMG_4392

ペダル部分は、オルガンを
ひっくり返してつける。
IMG_4393

40セントも下がっている
リードもあって、それは、
恐らく購入当時から
結構調律が狂っていたの
かなぁと思われる。

-

つまり、、、

何十年もの間、ちゃんと
鳴ったことがなかった
教会のオルガン、、、

調律が合ってしまうと、
素晴らしい響きの
楽器として蘇ってしまった。


ストップの効果がハッキリ
分かるように直って
しまったため、
それを、実際に音を
出しながら説明して
わかってもらうところまでが
私の仕事、、、

例によって「実演」を
して、より多くの方々に
リードオルガンに興味を 
持って欲しいと画策、、

6月9日、日曜日の
1130〜に
この教会の礼拝後、
久しぶりの「実演」を
断行して、ストップ付き
オルガンの魅力を
余すところなく
お伝えしたい、という

そういうことになりました。

教会のオルガン修理

教会などで今も多数
現役で使われている
ヤマハの11ストップ
リードオルガン5号型
IMG_4199
IMG_4200


今回のは1971年製、
現場で分解して、
要所を直して、また
現場で組み立てて
調律する物語、、、
IMG_4202
IMG_4203


何もかも直すことが
難しい場合、分解掃除、
袋張替え、調律、の
三大セットがオススメ。
IMG_4204


袋は以前直したことが
ある、と言われて
見てみると、古い袋を
覆うように上貼りされた
応急処置的なものだった。
IMG_4205

あからさまな上貼り
IMG_4206

接着剤もニカワを使って
ないので、ペロッと剥がれて
しまう。
IMG_4207


なぜ、その時のヒトは
ちゃんと直さなかった
かというと、

「面倒くさかった」
からである。
その一語に尽きる。

リードオルガンの袋張替え
は、特に、剥がすのが大変!
だから、それをやらずに
何とか済ませたい、と思う
ヒトが多いらしい、、、

直す方はちゃんと直して
なくて、依頼した方は
ちゃんと直ったんだ、と
信じている、、、

昭和末〜ヘーセー始め頃の
リードオルガン修理は
そういうのが非常に多い。

-

何十年かに一度の修理の
チャンスなので、上貼り
なんちゃって修理跡と、
元々の48年前の袋と、
両方を剥がしてから、
新しい袋をニカワで張る。


手間ひまかかって面倒な
作業だけれど、ほんの
数日で終わるので、
火星往復するのに比べたら
全然簡単なことである、、、

古い教会のオルガン搬出

閉鎖された教会から
オルガンを運び出す物語、
IMG_2645

既に何年も前に閉鎖されて
会堂はこんな雰囲気
IMG_2646



狭い階段を上った2階へ、
IMG_2648

このスペースを少し片付けて
IMG_2647

このオルガンをここで分解して
搬出する
IMG_2649


外装を分解して
IMG_2650

倒して風袋を外し、
IMG_2651

ひとつひとつの部品を
外に運び出す。

入れた時は運送屋さんが
窓から入れたと思う、、

私の場合は、
現場で分解して
下ろすというやり方。
IMG_2652


一年に何度か、
こんな手間ひま、がある。
他にも、使わない机などを頂いた。
IMG_2655

別棟2階にもオルガンが
あるというので見せてもらった
急な階段を上ると
IMG_2653

学校用デスクオルガンが積んであった
これは引取出来ない、、、
IMG_2654

「お勢登場」の長持のような
箱がいくつもあった、、、
IMG_2656

教会員への伝達書類入れを頂いた
IMG_2657
IMG_2658

「イエス」のスライド教材を
頂いた。藤城清治作!
IMG_2659
IMG_2660








オルガンを半日で何とかする?

教会などで現役で使われて
いるオルガンを半日くらいで
何とかなりませんか?

という場合の作業は、
分解掃除と、調律。
IMG_5448
IMG_5449


新幹線で出張!って
特別な事かと思ったら
やまびこ車内は結構
混んでいた。
日本の大動脈は、
ちゃんと濃い熱い血が
流れてるのだと実感、、

-

昭和32年のオルガン
既に60年経っている。
IMG_5450
IMG_5451
IMG_5454

半日でチョチョっと
何とかなる筈もない
のだけど、何とかする!

風袋もほころび、板も
割れが入り、これを
何とかするには、人間に
例えると長期の入院と
大掛かりな手術が必要。

木を埋めて、それ以上割れが
開かないように当て木をした。
IMG_5458


クスリを飲んでとりあえず
痛みを抑えましょう、、、

みたいなものだけど、
それでも掃除と調律と
応急処置で何とかする。

あぁ、良くなった!

と感じてもらえるくらい
の作業が出来た。

特に「調律」は重要!
IMG_5457


ちゃんと直すには、
抜本的な修理が必要だけど、

全然伸びてないし切るとこ
無いかなあ、と思っても
床屋に行けば、それなりに
サッパリするように、

とりあえずその場で出来る
ことをして、何かしら
効果が出ていれば、
それでも良いと思う。

YAMAHA 「9ストップオルガン」と「S400B」

ブログネタ
音楽を感じる生活 に参加中!
d6374ab9.JPG2009年、修理オルガン、春日部市の教会のオルガンで、1928(昭和3)年製造、9ストップ付、YAMAHAオルガン。音色は非常に柔らかく、しかも大きなオルガンなので、音量がある。教会に納品後「再生オルガン記念礼拝」に参加した。教会の高い天井の空間に、オルガンの音色が、広がるように響き渡った。所要4ヶ月、内部の「木」はことごとく割れており、かなり補修、補強を施した。塗装は昭和初期のオルガンと同じ「セラックニス」。教会からの要望で「燭台」を新規製作した。本体と同じサクラ材使用で、同時代の同型機種の燭台を参考にした。残念ながらピッチが438Hzなので、ピアノと合わせることは出来ない。とりあえず、1928年のオルガンと、1989年のピアノ、61歳違いの「ツーショット」
QRコード
QRコード
記事検索
ギャラリー
  • ゲスのニューアルバム!
  • ゲスのニューアルバム!
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
Recent Comments
訪問者数

    • ライブドアブログ