調律師「開心堂」(才気堂)

「才気堂」から、2018年、心機一転、「開心堂」に名前変えようとしたのですが、結局両方使っています。開心、とは、私の好きな中国語で「思いっきり楽しむ」という意味です。英語の「Enjoy」のような言葉ですが、日本語には、対応する訳語がありません。日本人は「思いっきり楽しむ」のが苦手なのです。ピアノを始めとして、すべての楽器が、勉強する苦痛の種、ではなく、楽しむための道具、になりますように。

リードオルガン

1924年製 ヤマハ11ストップ リードオルガン修理物語 その2

製造番号211299
推定1928年製 
このオルガンを解体して、
今回修理の177211に使う。

まずは、明るいところで
よく見てみた。
IMG_4056

このオルガンは、本来は、赤いオルガンである。
雑巾で濡らしてみると、小豆色に光って見えた。
(下の丸柱だけは濡らしていない、違いがわかる)
IMG_4057

丸柱も拭いて全体を濡らしてみたところ、
IMG_4070
IMG_4069

屋内に入れていよいよ解体しようと
思いつつ、なかなかできない場面、、、
面倒なのと、よくよく考えないと、と 
思うのとで、逡巡躊躇する。

古い楽器の修理は、かふいふ「座視」してる
時間がとっても長い、、、
IMG_4100

直すべき楽器、、、

2つある膝ペダルの左側が
欠損している、
IMG_4104

1924年製 ヤマハ11ストップ リードオルガン修理物語 その1

2020年1月18日、長野より預りの
ヤマハ11ストップ リードオルガン

製造番号は177211 推定1923年製
関東大震災の頃である。

最期は小学校で使われていたものを
廃棄されると聞き、引き取った
ものだという。

直るものなら直して、美術館に寄贈して
多くの人々に弾いてもらいたい、という
依頼である。

現状:
・鍵盤蓋が無くなっている
・風袋空気漏れ、演奏不可能
・装飾各部に欠損あり
・白鍵のみ貼り替え跡あり

鍵盤蓋が無い状態、、、
新しく作るか、似た機種から流用するか、
IMG_4016

白鍵のみ貼り替え跡あり。妙に真っ白なのが
気になる人もいるかもしれないが、
これはこれで悪くは無いと思う。
IMG_4018

無くなっている装飾
IMG_4017

接着が剥がれた部品を現代のプラスネジで
堂々とネジ止めした箇所。目立つので、
接着はきちんとやり直して穴を塞ぐか、
あるいは似た機種からこの部分を流用する。
IMG_4032
IMG_4026

鍵穴の金具は欠損して、
鍵穴の下部に何か金具をつけて
外した跡がある、
IMG_4031

陽が当たってない部分に残る
このオルガンの元の色。

赤みの強い小豆色、
IMG_4020


なんと!、ほぼ同じ機種を廃棄用として持っていた。
製造番号214299 今回修理予定の機種とほぼ同じ。
おそらく1928年頃のもの。見た目はキレイだが
内部の痛みは激しく、修復困難な一台で、
解体も大変なのでどうにも出来ず困っていたが、
役に立つ時が来た。このオルガンの蓋や、
その他の部品を流用して、今回修理のオルガンに
使うことにした。
IMG_4054

1894年製 Chicago Cottage Organ ペダルひも修理

1894年製
Chicago Cottage Organ 社製
リードオルガン 

これまでに
風袋張替え、棚板再製作、
をして何とか弾けるように
したものの、ペダルひもが
切れてしまい演奏不可能に
なってしまった、、
IMG_0818

ペダルが片方下がったままに
なるのは、ペダルひもが切れて
いるからである。
IMG_0819

切れているのは左側の
ひもだが、今回は、左右とも
新しく付け替える。
IMG_0820

分解すると分かること、、

このオルガンは、古びて
焦げ茶色に見えるが、元々
赤い色をしたオルガンだった。
IMG_0821

分解の難しいオルガンは、
寝かせて手術する。

人間と同じように、、、
IMG_0822

元々のひも(1番右、126年前?)に
重ねて後から別のひもがつけられて
左側は重ねた二枚が1度に切れて
しまった。
IMG_0826

ペダルの部分だけ外す、、
FullSizeRender

126年生きてる間には、
語り尽くせない色んなことが
あった、、、何度か修理された
跡を見て、昔日に思いを馳せる、、
IMG_0828

作業していると、ペダルの
左の板が割れていることが発覚!

それも再接着した。

古い楽器を直し始めると、
あっちも、こっちも、気になる
ところを直すことになる、、、
IMG_0832

ペダルひもの留め具も新製して
スッキリ!サッパリ!
IMG_0834

このオルガンは北米特有の
高いピッチで、元々は452Hz
あたりだったようですが、
全体に少し下がっていたので、

昨年12月の演奏会で使用の前に
急遽443〜444Hz前後に
ザッと合わせました。

こうすることで、
現代で生きることが
出来るのです。

コロンス島の ピアノ博物館

コロンス島といえば、ピアノ
ピアノといえばコロンス島、

中国人は、なぜかそう思ってる

そのコロンス島にある、ピアノ博物館
IMG_1042

中には、がっかりするほど貴重なピアノが、
全部で、何十台あるのだろう?

もちろんどれも触ってはダメだし、
古いピアノは音が違うね、と
体感できる設備も、発想もない。
IMG_0887

博森多福、ボーセンドゥオフー、みたいな発音。
日本人がべえぜんどるふぁあ、と呼んでるのよりは
原音に近いと思う。
IMG_0509

その数、ハンパないっすよ、、、
IMG_1104

バレルピアノもあった、、、
IMG_0508

さらに、別棟も!
IMG_1020

とにかく、見るだけ!
IMG_0502

このちっちゃなミニピアノは、日本製
IMG_1166
IMG_0833

古いピアノの取っ手だけ陳列してある
棚があった。

つまり、全部解体、分解して、
記念に側板の取っ手だけ残した
のが、こんなに沢山!、てこと。
IMG_0890
IMG_0497

ここ、ピアノ博物館でも、私が直したピアノ、オルガンで
録音したCDを服務員さんに渡し、館長さん、皆んなで
聴いてください、と伝えた。

楽器に触れないのは致し方ないとしても、
現代ピアノとは響きの違う古い楽器の
音をCDにして、お土産に売ってはどうですか?

と。


コロンス島の オルガン博物館

コロンス島は、別名「ピアノ島」とも呼ばれ
ピアノ博物館とオルガン博物館がある。

とりわけ、オルガン博物館は、
世界でも珍しい施設で、普段
なんちゃってオルガン修理人を
している私としては、一度は行って
みたいと思っていた。

港から歩くこと数分、この建物が
そうかなぁ、と、中を覗くと、
パイプオルガンのようなものが見えて、

しかも、しっかり休館の雰囲気!

IMG_0584

んな、アホな!、と慌てて近くの人に聞くと
オルガン博物館は、丘の上らしい。


教えられた方向に、階段が続いている。

既に汗だくだったが、時間もないので、
馬力をあげて登っていった。

これが、オルガン博物館
IMG_1033

風琴博物館、、、である
IMG_0583

風琴博物館は、元々、この島出身の
大成したピアニストのコレクションから
作られたようで、そのピアニストは
既に50年以上過去の人であるため、
リードオルガンで音楽に親しんだ
時代のことなど、現代中国人でワカる
人など、いないかもしれない。

入っていきなり「ピアノとオルガンの違い」の
解説パネルがあった。そういう次元である。

日本でも、ピアノとオルガンの区別がつかない、
リードオルガンって何、世代も多いと思う。
IMG_0882

中にはリードオルガンが約50台、陳列してある。

キーホルダーや絵葉書などを並べて、売ってる?
服務員のお姉さんに、私の直したピアノやオルガンで
弾いたCDを渡した。オルガン博物館なのに、
リードオルガンの音色を体感することができない
ようなので、こんなCDを作って、お土産で
販売したら、ドーですか?

とアドヴァイスした。

全ての楽器は鳴らすことが出来ないため
来館者は、「見るだけ」、、、

飾りについた鏡で自分を見てみたり
するしか、他にやることがない?
IMG_1087


様々なリードオルガン
IMG_0581
IMG_0579
IMG_0577
IMG_0576
IMG_1112
IMG_0868
IMG_0940

ベビーオルガンは、昔も今も、大人気!
IMG_0531


中でも、、
IMG_0880

右の、ちっちゃいやつ、は、欲しい!と
思う人、多いかもしれない。
IMG_0539

子犬くらいの大きさ!
IMG_0540


厦門 コロンス島へ!

フェリーが午前9時に厦門港に着いて、
出て来たのが9時20分ころ。

早速コロンス島への切符を買おうとすると
次は1番早いので、11時10分発、らしい。

今日は夕方17時頃の列車に乗る予定なので、
コロンス島へ行っても、無事に帰ってこれる
だろうか? 

と思ったが、そん時はそん時。とにかく、次の
船の切符を買うことにした。

人、人、人、中国の切符売り場、、

港の両替所が、お休み中、、なので、
前回中国に来た時の人民元でコロンス島
までの切符を買った。
IMG_1140

残りがこれだけになってしまい、
ココボロそいので、なんとかもっと
両替しなきゃ、と切実に思う。
IMG_0675

船が出るまでに1時間くらいあるので、
ターミナル外の銀行を訪ねて、外に出た。

とにかくターミナルは、メチャでかくて、広い。

幸い、近くに銀行があり、まとまった額の人民元を
引き出せて、一安心。厦門駅までのバス乗り場
なども調べたりしたが、とにかく広くて、
暑い日の午前中、早速汗だくになった、、
IMG_0676


発車時間が迫り、中に入ってみると、物凄い人、人、人!
IMG_0831


乗り場まで並んで、、
IMG_0901

だんだん船に近づいて、、
IMG_1030

乗ってみると、定員以上乗せないのか、ちゃんと座れるくらいの
乗車率だった。エアコンも効いていて、昔の中国旅行では
あり得なかった、快適さ。
IMG_1066

厦門港から、コロンス島へは、20分くらいで着くはずなのに
なぜか1時間経って着かない。服務員に聞いてみたら、
行きはコロンス島の周りをぐるっと回って、島を眺める
ようになっているらしい。

夕方5時までに厦門火車駅に行けるか心配、、
IMG_0664
IMG_1127

コロンス島に到着!

すぐに帰りの切符を買った方がいいのかと思っていたら、
元々切符は、帰りの分も含まれているらしい。
158元は高いなあと思ったが、つまり、そういうことらしい。
IMG_0663

コロンス島は、ピアノ島、とも呼ばれていて、島内には
ピアノ博物館、そして世界でも珍しい、オルガン博物館が
ある。そんなの見ても、俺にゃ、分かんないかなぁ、と
思ったが、せっかく厦門に来たら、やっぱりコロンス島、
コロンス島に来たら、ピアノ、オルガン博物館かなぁ、と
思い直して、とりあえず短時間でその二箇所を目指すことにした。

リードオルガン椅子の製作

連日の木工作業、、、
IMG_2285


はぎ合わせて、型取り
した、椅子の側板は、
継ぎ目の段差などが
あるため、サンダーで
表面を平らにする。
IMG_2286


ドラムサンダーという
機械があれば、それに
一回通すだけでキレイに
なってしまうが、そんな
機械「まだ無い」ので、
一枚ずつ、トホホで
仕上げる、、、
IMG_2287

リードオルガン専用椅子を作る

オルガン椅子の製作
IMG_2205


本格的な木工は、
ホントに手間暇がかかる。

道具もシロート向けの
日曜大工的なものなので
結構大変!
IMG_2207


出来上がってみると、
やっぱり木は良いなあ、
と思うけど、作ってる
時は、いつも面倒に
思う、、、
IMG_2206

QRコード
QRコード
記事検索
ギャラリー
  • カーテンの裾直し
  • カーテンの裾直し
  • カーテンの裾直し
  • カーテンの裾直し
  • カーテンの裾直し
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その9
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その9
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その9
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その9
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その9
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その9
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その9
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その9
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その9
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その9
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その9
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その8
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その8
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その8
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その8
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その8
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その8
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その8
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その8
  • 会津藩藩医の家のオルガン
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その7
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その7
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その7
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その7
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その7
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その7
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その7
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その7
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その6
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その6
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン修理物語その6
  • ニャンコスピーカー
  • ニャンコスピーカー
  • 人形ケース
  • 人形ケース
  • 人形ケース
  • ワイヤレス携帯スピーカー「ニャンコ」製作
  • ワイヤレス携帯スピーカー「ニャンコ」製作
  • ワイヤレス携帯スピーカー「ニャンコ」製作
  • ワイヤレス携帯スピーカー「ニャンコ」製作
  • ワイヤレス携帯スピーカー「ニャンコ」製作
  • ワイヤレス携帯スピーカー「ニャンコ」製作
  • ワイヤレス携帯スピーカー「ニャンコ」製作
  • ピアノ型名刺入れ「ニャー」を縫う
  • ピアノ型名刺入れ「ニャー」を縫う
  • ピアノ型名刺入れ「ニャー」を縫う
  • ピアノ型名刺入れ「ニャー」を縫う
  • ピアノ型名刺入れ「ニャー」を縫う
  • ピアノ型名刺入れ「ニャー」を縫う
  • ピアノ型名刺入れ「ニャー」を縫う
  • ピアノ型名刺入れ「ニャー」を縫う
  • ピアノ型名刺入れ「ニャー」を縫う
  • ピアノ型名刺入れ「ニャー」を縫う
  • ピアノ型名刺入れ「ニャー」を縫う
  • 1924年製ヤマハ11 ストップリードオルガン修理物語 その5
Recent Comments
訪問者数

    • ライブドアブログ