調律師「才気堂」

「才気堂」とは、古いピアノやオルガンを「再起動」するという意味です。 ピアノ調律師として、一般家庭のピアノを調律する他に、ピアノ・足踏みオルガンを再生修理していますので、その楽器をご紹介致します。 自宅は「変な家」、ドームハウスです。

アコーディオン

50年前のアコーディオン

何とかなりませんか?

と聞かれ、

何とかしましょう。
と預かる。

アコーディオンは
木製品のオルガンと違って
プラスチックやアルミが
多用されているのと、

散々持ち歩いて酷使
されるため、古くなったら
また買い替える、
というものである。

が、、、

蛇腹が生きていたら、
バルブ(弁)の革を貼って
掃除して、リードの発音を
見直して、それなりに
復活させて、
使えるだけ使う、
というものでもある。

このアコーディオンは
MMの音色で、18ベース。
持ち運びが楽で、
よく響く音色なので、
とりあえず使えれば
とても便利!

ベルトが切れている。

牛革で新しく作り直すと
それはそれは素敵な
ベルトが出来上がるが、

作り直すと高くなって
しまうから、古い
アコーディオンから
まだ使えそうな
ベルトを外して、付けよう。
image
image
image

蛇腹ベルトの再生、その3

なりふり構わず走り出した
嵐の朝、、

地球が顔を洗って
涙をごまかして、

新しい明日のために
何もかもリセット

-

ゆふぐれ時、

ベルトが出来上がって
しまった。

ヤギの革は、物凄い
高級感と、馴染む手触り

多分、恐らく、きっと、
何十年も破れずに
使われ続けると思う。

ありがとう、そして

さようなら、今日の作業!

-
image
image
image
image
image

蛇腹ベルトの再生、その2

使う革は、ヤギの革。

-
image
-
本来ならスエードの裏面を使う
革だが、表側もきれいなので
コレを使う。

-

思い切って「赤」もきれいで
カッコいいなぁと思うが
今回は自分のではなく
依頼された修理なので、
黒で作る。
-
image
-

芯材とクッションを入れて、
革で包ん接着。

-

image
image
image

-

さらに、元のベルトの表側の
牛革と接着。

-
image
image

-

あとは縫製。

元の糸穴に合わせて穴を開けて
縫うので、これが結構な手間。

手袋を編むような深夜に
ちまちまやる予定、、、

蛇腹ベルトの再生、その1

アコーディオニストの悩み、


蛇腹ベルトがほつれて、
パロパロになってしまうこと。
-
image
image
-

アコーディオンのベルトは3つあり
肩で担ぐのが2本、そして、
蛇腹を開閉するベース部の
ベルトが1本。

これら3本は、表側は牛の本革で
出来ているが、身体に当たる側の
クッションの入った側は、
合皮、ビニールで出来ている。

だから、高級なアコーディオンでも
ココが破れて、ペロペロに
なってしまうのである。
-
image
-

肩のベルトは市販されているが
(但し、本革と書いてあっても、
身体側はビニール)
ベース部のベルトはどうにも
ならなくて、仕方なく
タオルなどを巻いて使ってる
人が多い。

メーカーに修理に出せば
部品交換でスグに直るのかも
しれないが、100%本革では
ないので、使ってるとまた
ほころんでくる。

今回、初めての試み、
手縫いで、ちゃんとした
革を使って作り直して
みようと思う。

「これは直せますか?」

と聞かれ、

「はい、直せます、本革で作り直す
から、丈夫になりますよ」

と、言ってしまってから、
いよいよ初挑戦!

どんな風になるのか、
乞うご期待!
-
image
image
image

アコーディオンの胸パッドを製作

アコーディオ二ストの悩み、

へにょんへにょんになった
胸パッド、、、、

大型のアコーディオンには
アコーディオンの裏側に
胸当てがついている。

アコーディオンは、重い(u_u)

だから、この胸パッドも
クッションの役目を果たさ
なくなると困るのである。

が、この部品は、売ってないし
古いアコーディオンや、
希少なメーカーのものは、
やはり、手作りするしかない。

今回、ミシンを使って、
自作に初挑戦!!


image
image
image
image
image
image
-
袋にスポンジを入れて形を整えたら
口を手縫いで閉じる。
image
-
へにょんへにょんの古い
ヤツと並べて、、
image
-
柔らかくてしかも頼れる
image
-
ジャンパーホックを
付けて、、、
image
-
本体に付けてみた。

ピッタリ!、高級感満点!
image

アコーディオンの調整、その2

鍵盤が少しズレて隣に当たって
カチカチ鳴る症状。

鍵盤のどこかが歪んでいるらしい
ので、鍵盤を外してみる。

image
-
カチカチ鳴るのは、ソ、の音。

image
-
隣の、ファ、と当たっている。
image

-
最近のエキセルシアは、中身が
変わってしまったが、古い
エキセルシアは、イタリア人が
手作りしたのか何なのか、
実によく出来ている。

鍵盤も色んな素材を組み合わせて
しかも頑丈に出来ている。

この作りの鍵盤は、弾いた時に
力の逃げない、しっかりした
タッチを感じるので、弾いた力が
全て音に出る感じがする。
-
image
-
修正後
image

-
エキセルシアに良くある症状、
蛇腹留めがグニャグニャに
なっていたのも、直した。

image

-
ピアノやリードオルガンと
違って、アコーディオンは、
持ち運ぶので、消耗、破損も
あり、直して使うには現界が
ある。

でも、古いエキセルシアは、
とにかく「良く鳴る!」

使い続けて、いよいよ鳴らなく
なるまで、まだまだ生き続ける
と思う。

image

アコーディオンの調整、その1

40年くらい経っていそうな
エキセルシアのアコーディオン

まずは、ベースの音色スイッチが
硬くて効かないところを

分解して滑りを良くして
組み立てると、サクサク
動くようになった。

-
image
image
image
-
アコーディオンの調律を
全体的にやり直すのは
至難の技であり、普通は
しない。

まず、リードセットごとに
発音の確認をして、極端に
ズレているところのりーどを
削って修正する。

コレはベースのリードセット。
-

image

幼稚園、保育園でアコーディオン

幼稚園、保育園で先生がアコーディオン
弾いて子ども達が歌って、、という情景
を楽しそうだなぁと勝手に想っていたけど

保育士、は忙しくて、待遇も見合って
なくて大変みたいで、それどころでは
ないのかもしれない。
-

image

-
でも、子どもたちと楽しく過ごしたい!
という純粋な希望を持って保育士に
なった方なら、アコーディオン、やって
みたい、と、思っているかもしれない。

-
image

-
アコーディオンをオススメしたい
と思っていた、
保育士、介護士の仕事は、
みんなで歌って楽しく過ごしましょう!
という余裕などないのかもしれない。

かといって、俺が出張して
弾いても、何だか上手くないし、
その場かぎりで、終わってしまうし。

どうすれば「楽器」を活かすことが
できるのだろう?

アコーディオンのベースの「冷え対策」

ベース部の、手のひらが当たる部分は
アルミで出来ているので、冬、冷たい(u_u)

私の場合、そこに柔らかい鹿革を
貼っている。夏はヒンヤリ、冬は
あたたかく、自然素材なので
汗も吸うのかもしれない、、、

とりあえず快適ベース。

image

image
QRコード
QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 理想に近づいた!
  • 理想に近づいた!
  • 貸出用ベビーオルガン!
  • 貸出用ベビーオルガン!
  • 貸出用ベビーオルガン!
  • マチのついたガマ、初挑戦!
  • マチのついたガマ、初挑戦!
  • マチのついたガマ、初挑戦!
  • 白いガマ
  • 白いガマ
  • 白いガマ
  • 今日のガマ
  • 今日のガマ
  • 今日のガマ
  • 今日のガマ口
  • 1日1ガマ  今日のガマぐち
  • 1日1ガマ  今日のガマぐち
  • 1日1ガマ  今日のガマぐち
  • がまぐち、2作目
  • がまぐち、2作目
  • がまぐち、2作目
  • がまぐち、2作目
  • がまぐち、2作目
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 台風情報の夜、、、
  • 気ままに生きる妙年女性の休日顔、、?
  • 気ままに生きる妙年女性の休日顔、、?
  • 気ままに生きる妙年女性の休日顔、、?
  • 50年前のアコーディオン
  • 50年前のアコーディオン
  • 50年前のアコーディオン
  • オルガンで歌う会 in 桐生
  • オルガンで歌う会 in 桐生
  • オルガンで歌う会 in 桐生
  • オルガンで歌う会 in 桐生
  • 台風のあとで
  • 台風のあとで
  • 台風のあとで
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
Recent Comments
訪問者数

    • ライブドアブログ