調律師「才気堂」(開心堂)

「才気堂」から、2018年、心機一転、「開心堂」に名前変えようとしたのですが、結局両方使っています。開心、とは、私の好きな中国語で「思いっきり楽しむ」という意味です。英語の「Enjoy」のような言葉ですが、日本語には、対応する訳語がありません。日本人は「思いっきり楽しむ」のが苦手なのです。ピアノを始めとして、すべての楽器が、勉強する苦痛の種、ではなく、楽しむための道具、になりますように。

革工芸

人形ケース

旧家に残っていた
人形ケースを徹底掃除して
革製品を並べてみた。
IMG_1867
IMG_1866

ウサギの革で作ったポシェット
IMG_1868

名刺入れは只今「メルカリ」
にて販売中です。

レディース→小物→名刺入れ

で検索してみて下さい。

ピアノ型名刺入れ「ニャー」を縫う

次の名刺入れは、緑、で。
FullSizeRender

へさべさに、ニャンコを
入れてみることにした。

毛のついた子牛の革「ハラコ」を
合わせてみた。
牛の毛なので、ゴワゴワしてる
感じだが、とりあえずこれで!
FullSizeRender

周囲を縫って、
IMG_1628

サファイア(?)の目を入れる、、
IMG_1630

顔の部分には、ウレタンの
芯材を入れてあり、
鼻筋に少し厚みを持たせて、
触ると鼻筋がわかるように
なっている。

ものすごく手間がかかる、、
FullSizeRender

あとは、いつもと同じように
本体を縫う、、
IMG_1647

今までいくつかハラコで
作ってきたけど、
今回は何故か、毛の
ゴワゴワ感が気になった、、

やっぱり、牛の毛は、
ちょっと太いのかなぁ、
IMG_1644

縫いあがり、、
IMG_1651

中は「調律カーヴ」をデザイン!
IMG_1649

裏にも「調律カーヴ」!
FullSizeRender

可愛いけどゴッツイ、
手作りの本革製品特有の
味わい深い存在感、、、
FullSizeRender


ピアノ名刺入れ「黒」を縫う

既に世界中で30人以上の方が
愛用中、の、

ピアノデザイン、名刺入れ

今回のは、本体色:黒
輪郭は、ヤマハやスタインウェイ
などの丸っこいではなく
ベーゼンドルファーのような
角張ったデザインにした。
FullSizeRender

糸は、薄ピンクで!
IMG_1484

手縫い?、!、とビックリする
人がいるけど、実は、革工芸は
型取りや、
芯材貼りなど退屈な作業が多く、

縫う作業は全体の1/4くらい、、、
革ものづくりの作業の中で、
楽しみな部分である、、、
IMG_1487

縫い終わって、コバを磨き、、
FullSizeRender

全体にレザーフィックスを
軽く塗ってツヤを出したら完成。
IMG_1490

フタを開けると「調律カーヴ」
理想的な調律結果を測定して
グラフにするとこんな曲線になる。
IMG_1491

裏ポケットも「調律カーヴ」!
FullSizeRender

知る人ぞ知る、、
知らない人は知らない、

ベーゼンドルファーなどの
角張った輪郭のピアノをデザイン!
FullSizeRender

ピアノ名刺入れ「黄茶」を縫う

ピアノ型名刺入れ

ピアノ関係者専用名刺入れ

今回は本体が黄茶
IMG_1137

内張は山羊スエード焦茶
IMG_1138

本体が大体付いたところ
IMG_1140

糸は、銀色っぽく見える白で
IMG_1141

チマチマ縫う、、、
IMG_1145

完成
IMG_1146

名刺入れ部分は、
調律師だけが知る曲線
「調律カーヴ」をデザイン
IMG_1147

裏面ポケットにも調律カーヴ
IMG_1148

小さなキズを発見!
2割引で販売することにした、、、
IMG_1149

先日作ったスピーカーで
矢野顕子なぞ流しながら
IMG_1150

ピアノ関係者用名刺入れを縫う

既に世界中で30人以上の方が
愛用している、ピアノ関係者用
本革手縫い名刺入れ、、、

今回は本体青にピンクの糸、
ベージュの内張で作ってみた。
IMG_0802

絞りで型を作った本体にマグネット
をつけたところ。
FullSizeRender

ベージュの内張を貼って、
全てが組み立てられたら、
ピンク色の糸で縫う。
IMG_0807

青い革にピンク色は、
結構合うかもしれない。
IMG_0809

出来上がり、調律カーヴを
採り入れた粋なデザイン!
IMG_0810


IMG_0811

この色使い、気に入ってくれる
人がいるだろうか?
IMG_0814
IMG_0816

ピアノ関係者用名刺入れは、
当方のオリジナル革製品です。
基本的に注文製作ですが、
ネットショップBASEでも
好評販売中です。

開心堂 https://gsfr3.app.goo.gl/rc1g9x #BASEec

ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その10

肩ベルトの作成。
幅50ミリにするために、
62ミリで切ってへりを5ミリ
ずつ返し折りして貼る。
FullSizeRender
FullSizeRender

更に床革で裏張りをして厚みを
持たせて、裏革に肌触りの良い
鹿革を貼る。
IMG_0030

3本線の縫い目を入れて、
IMG_0024

本体にカシメで止めた後、
更に補強の縫い目を入れる。
IMG_0026

完成して、リードオルガンと
記念撮影。
IMG_0018
深夜のため、画像が暗い、、、
IMG_0016

明るいところで見ると
こんな感じ、、、
IMG_20200114_113027
IMG_20200114_113044
IMG_20200114_113120

製作時間48時間、、
出来栄えは82点くらいだけど、
本革のホンモノ感はハンパないっす!

鹿革を使った肩ベルトは、
使い始めからいきなり馴染む感じで
贅沢感満点!!

ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その9

前胴とマチを縫う。
マチの幅は最終的に60ミリにした。
IMG_0047

平面を縫い合わせて立体にするのは
革特有の技法だが、上手く合わせる
のは非常に難しい。
IMG_0041

前胴とマチが付いた状態。
内張は山羊の黒スエードが全体に
貼ってあるので、高級感200点満点!
IMG_0038

背胴を縫い合わせたところ。
IMG_0037
IMG_0036

左からA4判、
全音判(一般的な楽譜サイズ)
コルトー版のショパン判
これらのサイズ全てに対応している。
IMG_0032

ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その8

ベルトの角カンが入る所は、
カシメで止める。青に金色が映える!
IMG_0062
IMG_0061

本体マチと3本ラインで縫い合わせ、
角カンの当たるところにも補強を
兼ねて1本縫い目を入れる。
IMG_0059

手縫いの作業は、30センチ
縫うのに1時間くらいかかる。
IMG_0057

なぜ3本線かというと、
ピアノの弦が1音につき
3本ずつ張ってあるからです。
IMG_0056

硬めの厚めの芯材を入れてあるので
カタチもしっかり!
IMG_0052

ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その7

背胴には補強を兼ねて、A4書類
サイズのポケットを付けてみた。
IMG_0071

ポケットにも、背胴にも芯材を
入れてあるので、物凄い強固感!
IMG_0073

背胴に黒スエードで裏革を貼り、
フタと縫い合わせる。
IMG_0072

改めて楽譜をあててみて、サイズを
確認したら、楽譜を満載した時に
フタが閉まらないことが発覚!

急遽、背胴の下部に20ミリ継ぎ足す。
IMG_0066
IMG_0063

ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その6

今回の鞄は、フタ(かぶせ)の
部分にワニ型押しの牛革を使用。
FullSizeRender

いわゆる「ワニ革」ではなく、
牛革にワニの模様を型押ししたもの。
みんながワニ革だと思ってる
バッグのほとんどがこの手のもの、、
FullSizeRender

見栄えの良い方向、部分を選んで
型取りした。
FullSizeRender

フタになると、こんな感じ、、、
IMG_0087

ポケットにかぶさると、こんな感じ、、
IMG_0088

フタの手前の部分に芯材を貼る。
IMG_0083

裏革に黒スエードを貼ったら
周囲を縫う、、、
IMG_0077

縫い終わり、、、
IMG_0078

ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その5

重い楽譜を満載しても良いように
補強とデザイン性を考慮して、
肩ベルトがぐるっと底を回る
設計にした。

まず、ベルトの中に床革で芯材を
入れて貼る。
FullSizeRender

床革はへりを漉いて、角の部分は
切って三分割で貼る
FullSizeRender
FullSizeRender

ベルトのへりを貼ったら、
まず真ん中に縫い目を入れて、
IMG_0098

そのあと両側に縫い目を入れる。
IMG_0093
IMG_0096

角の部分は縫わずに、
直角に折り曲げた状態で
3面に3本ラインを
縫っていく、、、


ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その4

前胴にポケットを縫い付けたら
蓋の止め金具を付けて、裏に金具を
隠す革を貼り、金具の周囲に
アップライトピアノのハンマーの
形にステッチを入れる。
IMG_0148
IMG_0146

ファスナー部分を最初に縫って、
それから周囲を縫う。
後から思いついたペン差しも
付けてみた。
IMG_0135
IMG_0121

今回の鞄は、重い楽譜を満載しても
良いように、厚手の芯材を入れる。
ボンテックスの特厚のものを貼った。
IMG_0125
IMG_0119

ポケットは、端を脇に回り込ませる
ことでファスナー全開が可能になり、
領収書サイズがすんなり入るように
なった。
IMG_0112

前胴上辺には革を当てて縫った。
IMG_0113

現在進行形の作業現場の図
IMG_0129





ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その3

前胴ポケットの製作

まずはカットした革の裏面に
ボンテックスという芯材を貼る
IMG_0194

更に裏革として山羊の黒スエードを
貼る。表革より3ミリほど小さく
切ったもので、縫い合わせた時に
縫い目にかからないようにする。
IMG_0191

上辺は「へり返し」する。
IMG_0188

目打ちで印をつけ菱キリでひとつずつ
穴を開けていく。
IMG_0187

青い革に水色の糸、、
売ってなさそうな色使いで
素敵な鞄になりそう!
IMG_0189

ポケット前面に、マチを縫い付ける。
IMG_0180

更にファスナーを縫い付ける。
こちらのポケットには、
隣のスマホ用ポケットのラインが
伸びてグランドピアノの譜面台の
カーヴを描くラインを飾りに
縫い込んだ。
IMG_0170

IMG_0171

前胴にポケットを縫い付ける。
革特有の性質で、角の部分は、
革を伸ばして合わせながら縫う。
IMG_0155
IMG_0147

ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その2

革鞄をカタチにするには
まずは設計図、、

そしてそこから「型紙」を
作っていく。

暗中模索、五里霧中の中、
先に前胴のポケットを作る
ことからスタート!
IMG_0232


スマホが入る部分は普通にポケット
領収書が入る部分はファスナー式に
IMG_0227


ポケットの革と芯材を並べて
考えたり迷ったり、、、
IMG_0220


迷いながらも走り出した。

ポケットの前面の周囲を漉いて
芯材を貼って、周囲にマチを縫う。
IMG_0215
IMG_0214

イメージが掴めないので、
カレンダーの紙で原寸大の
模型を作ってみた。 

本体には楽譜がピッタリ入れば良い。

何センチ分入れるか、迷って、
とりあえず70ミリで、、
IMG_0212
IMG_0208

蓋のデザインは、もちろん
グランドピアノ!
IMG_0204
IMG_0201


製作1日目は、半分くらいが
悩んだり迷ったり困ったり
しながら、紙で原寸大模型に
何度も触れて、、、

とにかくポケットを
縫ってカタチにしたい

革で何かを作る時、
時間を忘れて夢中になれる。
正月、元旦、、

作業は深夜まで続いた、、





作業場整理整頓、

作業場リセット
大模様替え物語、、
IMG_3896


連休中で終わるはずが
もう何日も
こんなことしてる、、

大量のゴミが出て
使えそうなものも
沢山見つかって、

何も置いてない
広々とした
作業台が数カ所
出来上がってしまい、

思いがけず
作業が楽しく
はかどってしまったら
どうしよう?

という
「期待と不安」
もある、、、

革ミシン、革漉き機も
使いやすく並べた。
IMG_3897

ピアノ好き!専用名刺入れ

現在の在庫品
FullSizeRender

黒、白、赤、の基本的ピアノカラー
IMG_0408

赤、赤、赤、の燃えて萌えてるヒト用
IMG_0409

本体の色見本、糸の組合せ
IMG_0410

裏革の色見本
IMG_0411

エレキの肩ベルト 高級革仕様

なんちやつて革工芸、
ギターのストラップ編
IMG_4517


長さ調節は必要ないので
ピッタリの長さで作る。
IMG_4518


ようやく出来上がってみて
やはり両端の部分には
穴のところだけ補強を
入れたけど、
しっかりした芯材を
全体に入れないとダメだと
分かった。
IMG_4519
IMG_4520



明日やり直そう。

表革は鹿革、裏革には
ヤギのスエードを貼って
高級感抜群になってるが

若いヒトにとっては
そんなことどうでもいい
のかもしれない。
IMG_4521


とりあえず鹿革は
良く馴染むはず、

ルイヴィトン修理

直せると思って
やつてみた、
シリーズ!

肩紐の端は、
どうしても力が
かかるので
キレやすい若者。

少し短くなるけど
切って、元のデザインと
同じように縫い直した。

ついでに、以前直した
ところも、改めて
補強した、物語、、
IMG_3857

一流ブランドバッグは、
本革が少なく、殆どがビニール!

ビニール肩紐は長さを詰めて縫う。
IMG_3858

切れたところを、しっかりした
牛革で作り直した。
IMG_3859

しっかりした雰囲気になった。
IMG_3860
IMG_3861

Vアコ講習とヴィトン修理

Vアコーディオンの
弾き方講習、、的な
ことで、出張。
IMG_3293


既に、生アコーディオンを
長年やってる方なので、
Vアコーディオン特有の
機能や奏法について
なんちゃつて実演指導、、

ついでにカバンの
修理を請け負う、、

以前直した、ポシェットの
金具支え部分。

今度は肩ひもが切れそうに
なって来たので、
またまた直すことに。
IMG_3292


有名ブランドのカバンなど
気に入っていたものが
切れたり破れたりして
直せないかなぁ、と
思ってる人、

もしかしたら、
結構いるのかもしれない。

チューニングレバーケースソフトタイプ

チューニングレバー
ソフトケース2種
IMG_4572


しんなりした革で作ってみた
IMG_4573

理想に近づいた!

ゴチャゴチャした工具を
まとめたいとあれこれ
作ってみたけど、

このスタイルが一番、
開きやすくて、中身も
見やすくて、しまいやすい。

何となく理想に近づいた!
image
-
image

マチのついたガマ、初挑戦!

本を見て、早速アレンジ!

マチのついたガマ口に初挑戦!

image
-
image
-
image

白いガマ

今日のガマ口は、
白い革で。

image
-
image
-
image

今日のガマ

毎日作る、革のガマ口

今日は、牛の床革で
頑丈で大きめのものを

image

-

image

-

image

今日のガマ口

仔牛の革で毛がついたものを
ハラコ、という。

黄緑色のハラコで試しに
作ってみたガマ口、、、

漉きで失敗、縫しろで失敗、
うまく開かない、失敗例。

次回、上手く作ろう(u_u)
image

1日1ガマ 今日のガマぐち

試作に使ったオレンジの床革で
小さなガマぐちを。

image
-
ピントはブレてるけど
作りはしっかり、ブレて
ナイス、、、

-

型紙のついた口金のセット
そのまま作ってみた。

image

-
丈夫な革製なのでドライバー
ビットなどごちゃごちゃに
入れるのに良さそう。
image

がまぐち、2作目

ピアノ調律師の工具を 整理するための、ガマぐち 2作目は、細長い口金で。 image - 黒いヤギのスエードで image - ボテっとした感じも出せた。 image - 今は手縫いだけど、形が決まって 量産するようになれたらミシン が欲しい、、、 image - 100均のプラケースやポーチ でその場しのぎだった工具の 整理が、革のガマぐちで 一気にまとめられる。 image

調律師の工具入れ

ずっと憧れていてなかなか
作れなかった「ガマぐち」

image
image
-

ピアノ調律師にとって、
工具カバンよりも悩みの
種は「工具を仕分けする包」
である。

すっかり忘れ去られたような
ガマぐちは、パチンと開けて
パチンと閉めて、ごちゃごちゃの
工具を一気にまとめられる筈、
なので、試してみたかった。

革製品は木工と違い、展開図が
現物合わせの奇妙な形になる。

まず、第1作目、直線的に作って
失敗。
image
image

-
2作目、本体に膨らみを持たせた
ものの、下辺が小さくて、使えない
形になって失敗。
image
image

-
3作目、本体の膨らみをふんだんに
目一杯入れて、ボテっとした感じに
仕上がるように祈って作ってみた。
image

-
コレでいけそうなので、本製作!

丈夫そうな革で、工具を入れても
破けない、擦りきれないものが
欲しい。
image

-
形を作ったら、縫う。
image

-
口金を付ける前の状態。
image

-
口金を付けたところ。
image

ピアノデザインの名刺入れ

時々縫う、名刺入れ

今日のデザインは、

本体が黒
内張りが赤紫
糸が紫、、

の紫系。

普段はおとなしいけど
内に秘めた思いは
薄明の熱いエネルギー

という方に、、、

-
image
image
image
image
image

ピアノデザインの名刺入れ

「才気堂」の革製品、

ピアノデザインの名刺入れ

蓋がグランドピアノ、
中のラインは調律カーブ、

パーティなどで沢山名刺を
配ったりする時のために、
何十枚も名刺が入るように
なっている。

牛革で、絞り、という技法を
使い、手縫いで仕上げて
あります。

なかなか売ってないような
本体色や糸の色で作ったり、
ハラコと呼ばれる子牛の毛皮で
ニャンコ模様を入れたり、
自作なので様々なオーダーに
対応出来ます。

image
image
image
image
QRコード
QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新デザインを製作!
  • 楽譜棚、新デザインを製作!
  • 楽譜棚、新デザインを製作!
  • 楽譜棚、新デザインを製作!
  • 楽譜棚、新デザインを製作!
  • 楽譜棚、新デザインを製作!
  • 楽譜棚、新デザインを製作!
  • 楽譜棚、新デザインを製作!
  • 楽譜棚、新デザインを製作!
  • 楽譜棚、新デザインを製作!
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 風袋張替え 〜古い風袋剥がし〜
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 風袋張替え 〜古い風袋剥がし〜
Recent Comments
訪問者数

    • ライブドアブログ