調律師「才気堂」

「才気堂」とは、古いピアノやオルガンを「再起動」するという意味です。 ピアノ調律師として、一般家庭のピアノを調律する他に、ピアノ・足踏みオルガンを再生修理していますので、その楽器をご紹介致します。 自宅は「変な家」、ドームハウスです。

激レア

215系

山登りからの帰りは
青春18きっぷで。

小淵沢からは臨時の快速
「ホリデー快速やまなし号」

この車両は10両編成で
元々東海道線の快速として
デビューしたものの
量産されずに、他線に転用
されて生き延びている
激レア車種!

image
-
二階はこんな感じ
image
-
地下はこんな感じ
image
-
階段付近
image
-
前面あずき色に側面クリーム
という配色。
image

男一匹桃次郎!

毎日、分割して鑑賞する
名作DVD、、、(u_u)

トラック野郎
男一匹桃次郎!

主演は夏目雅子、
最後は特急で6時間の
距離を4時間で!
のはずが30分早着!

スゲェよなぁ、、、

若山富三郎
浜木綿子
愛川欽也
堺正章
湯原昌幸

知ってる名優が総出演!

もちろん音楽は

竜ヶ崎宇童!

-

image

超小折り鶴(u_u)

娘の折った折り鶴!

ちょっと潰れているのは
筆箱に入れて持ち運んだ
からで、元々ちゃんと
折れていたらしい。

因みに、青いのは2年前の作。

器用な人みたいだから、いずれ
パパの仕事、手伝ってくれる
と嬉しいなぁ、、、(u_u)

-
image
image
image

こういう世界が、好き?

尺八と琴によるムード歌謡、、!

歌詞も載っているので、気軽に
琴や尺八に合わせて歌うことが
できるという、優れもの。

バンドの伴奏はヴィヴラフォンや
ジャズエレキギター、
ハモンドオルガンなどが優しく
支えていて、しかも安心して
聴ける名演奏。

首振り3年、スゴく泣ける。

やっぱり日本人のカラオケは

この路線だね!



-
image
image

こういう世界が好き!

CDでは決して聴けない、
レコードだけの愉しみ。

正体不明のアルバム

「新曲ヒット歌謡」 !

全然知らないヒトが歌っている
堂々14曲!

いきなり、あの日にかえりたい、
アレンジが抜群に変わっていて、
何というか、三和音だけでなんとか
おちゃらけてしまう、私が普段
「歌う会」でやってるような
似非プロのなんちゃってテクニック!

歌も、今でいうと「しょっちゅう
カラオケで歌ってる」タイプの
慣れた感じの歌手で、音程とリズム
がなかなかつかめないまま曲が
終わってしまう、って感じ。

もちろん、バンドのテクニックも
抜群に変わっていて、ドラムの
絶妙なズラし方は、生まれつき
楽器に不向きな人でもマネ出来ない
くらい。様々な楽器、それぞれが
物凄く、ちぐはぐ。

正統的でない、正規ではない、
それでも一所懸命、オトナの世界、
厳しい芸能界の荒波の中で、
ふと見つけた、凪の砂浜、

堂々と歌う男性の、ジャケットの
襟は物凄くデラックスなんだろう
なぁと連想させる、夢のひととき。

image
image
image

安心して下さい!、ってが、

安心して下さい!

はいってますよ!

image

アルデンテ

塩ラーメン頼んだら
麺はなんとなくアルデンテ
(かた麺とはちょっと違う(u_u)
メンマは芯がなんとなく冷たさ
が残っていて、、

いろいろ考えさせられる
食事であったことよ。

image

探偵物語

35年ぶりにVHSで見直す探偵物語。

昨年から積極的に見ていたものの

最終回だけ見ていなかったので、
今日、、見てしまう。

最終回の手前あたりは、ふざけた
おちゃらけストーリーが続いていたが
最終回は本来の姿、、、

松田優作が長い手足で大暴れ
するのは、見ていて爽快!

image

焼魚、、、

これに似た「桜餅」は、好きなので
良く食べるが、コレは「焼魚」

珍しいので買ってみた。

image

スイッチト=オン・バロック

スイッチト=オン・バッハの姉妹
レコード、、、

スイッチト=オン・バロック、、、!

30年くらい前、借りたレコード
から、カセットテープに
録音して好んで聴いていた
のに、こういう音楽に全然興味
ない友達に「聴いてみて」とテープを
貸したら、全然違う歌謡曲を誤って
録音されて元の録音は消されて
返ってきた(u_u)

ワタナベ、ゴメンな、、、で

それきり「ええわ、別に」とか
なんとか言って自分でも忘れて
いたけど、とにかくコレはよく
聴いていた。

CDで買い直そうとすると物凄く
高い、ワルターカーロスの
ムーグ靴離轡蝓璽此◆◆

レコードで安く出ているのを見つけて
ようやく30年ぶりに再会できた。

因みに、スイッチト=オン・バッハ 2

も30年ぶりに再会できて、
ちょっと若返り、空に吸われし
15の心、、、

image
image

プロフェッショナルな工具!

地球の平和を守るための、、

最高音用のチューニングハンマーと
スピードチューニングハンマー

image

ぶっといラーメン!

「ー」が太くね?
image

王子様&俺様

踊る王子様、は、ビージーズの
サタデーナイトフィーバーの
一連の曲の日本語訳盤

俺様、は、ギターの名曲を口で
演奏した芸人魂の一枚。

どちらもヤフーオークションで
一円だったので衝動買い(u_u)

送料がそれぞれ350円(u_u)

「レコード合宿」で音楽好きな
方々に聞いても誰1人知らなかった
ので、呆れてその場で、皆さんに
紹介した、、、

image

レペティションレバースプリング

グランドピアノのレペティションレバースプリング調整

グランドピアノの弾きやすさの仕組みの一つが、レペティションレバーの存在であり、このスプリング調整で、指の手応えも変わる。

古いピアノのゴロンゴロンしたタッチは、このスプリングの効きが弱くなっている。

通常、一本ずつ調整するが、古いピアノの場合、とりあえず全体を強くして、改めて微調整する。87bfe4f2.jpg

イチゴを食べるイルカ

イルカがイチゴを丸呑みeb09d0cd.jpg

S400B 響板

BlogPaint下からみた「響板」、がっかりするくらい「木」が美しい。音は物凄くよく響き、屋根を閉じていても、微妙なニュアンスが弾き分けられ、聴き分けられるくらい、はっきり音色が聴き取れる。側板も、C3に比べて、分厚く出来ている。

S400B ペダル

BlogPaintペダル支え棒、もスタインウェイと同じ、「木の棒」になっている。コンサート用らしく、ペダルはやや重い。コレは、本番ではピアニストは「靴」を履いて演奏するため。中のスプリングを外すと、普通のグランドと同じ位の重さに出来る。

幻の名器 S400B

BlogPaintスタインウェイのフレーム右側には、太く黒く「STEINWAY」と書かれているが、「S400B」にも同じように太く黒く書かれている。タッチ感、音色、「CF」が凝縮されたような、まぎれもなくYAMAHAの音だが、このピアノは、YAMAHAが本気を出せばスタインウェイと比肩できるピアノが出来るんだ!という意気込みが形になったようなもの。スタインウェイが欲しいけど、実はYAMAHAのタッチ、音色が好き!という方にオススメ。現行新品の「C3」「C5」とほぼ同価格で、「S400B」の中古が買える、としたら、どちらを選びますか? 私は、「S400B」をお奨めします。但し、中古で年に2〜3台しか出てこない「激レア」ピアノ。

設置が終わったS400B

3d15dae9.JPGこの「S400B」はYAMAHAが一番ピアノを作っていた時期、スタインウェイに比肩できるサロンコンサートピアノを!、ということで作られたピアノ。1982年登場時、ほぼ同サイズの「C3」の2倍以上の「¥3,000,000-」だった。「S」シリーズは現在も作られているが、調律師にも人気の高いのは80年代の「S400B」。何がどう違うのか、やはり「素材」だと思う。そして「設計」「手間の掛け方」かもしれない。思った通りの音が出る。もっと強い音!と思って力を入れればどんどん強く出て、しかも音色は割れずに美しいまま大きく出る。もっともっと弱い音!と思えば、やっと聞こえるくらいのかすかな音がしっかりと響き、しかも音色は玉のように美しい。 家庭に入る「コンサートピアノ」、それがS400B。

S400B 開梱 脚の取付け

a98900e4.JPG立てた状態で、3本のうち2本の脚をつけ、起こしてからもう1本の脚をつける。

S400B 開梱

09a555e6.JPG重さ約350kgのピアノも2人で運ばれる。

写真のように、グランドは「舟」と呼ばれる木枠に、立てて梱包されている。

S400B到着

BlogPaintYAMAHAのS400Bが搬入される様子その1

YAMAHA S400B がやって来る!

180ca5fb.jpgYAMAHAの幻の名器「S400B」をしばらく預かることになった。

とりあえず、元々あった「C7」を移動して、その到着を待つ。
QRコード
QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 理想に近づいた!
  • 理想に近づいた!
  • 貸出用ベビーオルガン!
  • 貸出用ベビーオルガン!
  • 貸出用ベビーオルガン!
  • マチのついたガマ、初挑戦!
  • マチのついたガマ、初挑戦!
  • マチのついたガマ、初挑戦!
  • 白いガマ
  • 白いガマ
  • 白いガマ
  • 今日のガマ
  • 今日のガマ
  • 今日のガマ
  • 今日のガマ口
  • 1日1ガマ  今日のガマぐち
  • 1日1ガマ  今日のガマぐち
  • 1日1ガマ  今日のガマぐち
  • がまぐち、2作目
  • がまぐち、2作目
  • がまぐち、2作目
  • がまぐち、2作目
  • がまぐち、2作目
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 台風情報の夜、、、
  • 気ままに生きる妙年女性の休日顔、、?
  • 気ままに生きる妙年女性の休日顔、、?
  • 気ままに生きる妙年女性の休日顔、、?
  • 50年前のアコーディオン
  • 50年前のアコーディオン
  • 50年前のアコーディオン
  • オルガンで歌う会 in 桐生
  • オルガンで歌う会 in 桐生
  • オルガンで歌う会 in 桐生
  • オルガンで歌う会 in 桐生
  • 台風のあとで
  • 台風のあとで
  • 台風のあとで
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
Recent Comments
訪問者数

    • ライブドアブログ