引取った時から、
修復困難だった、
製造番号80000台の
山葉オルガン、、

恐らく1905年(明治38)頃のもの

本体は桜材で、ちょうど
修理中の大型オルガンに
燭台を付けなければならない為、
その材料が取れるかもしれない。

一念発起して、解体することにした。
5003
5003

このくらいのオルガンの解体は、
1日では終わらない、、、

何故なら、ネジが錆びすぎて、
木部と同化して回らないため、
一つ一つ、いちいち外すのに
トホホな手間がかかるからである。

外に放置していたので、
塗装が剥げているが、、
このオルガンは元々は
「真っ赤」な色をしていた。
5003

裏から見ると、桜材の
非常に美しい木目の部分を
使っている。モヤモヤっと
雲のような模様が出るのが
美しい桜材である。
5003

鍵盤からの伝達は、
後のピットマンシャンクではなく、
ネジ式で鍵盤高さを調整出来る
ような進取の構造になっている!

さすが、明治の職人!
5003

バルブを下げる部分は、
金属ワイヤー製
5003

鍵盤、響板を外したところ
5003

ひとつ外すごとに、
バカバカしいくらいの
手間がかかる、、、
5003

どうしても外せないねじは、
アタマごとドリルで削ってしまう。
5003

ちょうど真ん中に穴をあけるのは
物凄く難しい、、、
5003

ここまで削ってしまう、、
5003

抜けないネジ、折れたネジも、
とりあえずぜえんぶはずす、、、
5003

側板を背中合わせにすると、
「山」のカタチになる、、、
5003

こちらは同型機種の側板。
次回解体予定のもの。

背中合わせにすると富士山の
カタチになるので
「富士山型」と呼ばれる。
5003

今回解体のオルガンの側板は
きれいに接ぎ直して、
机か棚にする予定。

燭台に使えそうな板は、
結局取れなかった、、、
5003