製造番号26193
5003

リードオルガンアトラスによると
デトロイトでほんの数十年だけ
作っていたメーカーで、
創意工夫、特許も多く、
堅牢で高級なオルガンを
作っていた、、、
FullSizeRender
FullSizeRender

アクションのみを預かり、
分解掃除、、
5003

鍵盤土台が割れていたので接着
5003

カプラーは、前に直した(?)ヒトが
テキトーに釘で止めていたため
正常に機能しなくなっていた。
5003

仕方ないので、釘を数カ所
ネジに交換して、しっかり
動くようにした。

本来なら、ヒンジとして
ラバークロスで貼るものである。
5003

リードを全部外して、
リベットを打ち直す。
黄味が強いのは、銅の
割合が多い真鍮だから。
5003
5003

白鍵の剥がれたところは、
こうして貼り直す。
5003

風袋のほころびを
柔らかい革でふさぐ。

風袋は、張り替えるのが
一番良いのだが、
とりあえずこうしてふさぐだけでも
ちょっと空気もちが良くなる。
ただしこの方法は、効果が
長続きせず、またここから
剥がれて漏れたりする。
5003
5003

調整、調律完了。
3月22日、私も参加して
ここで演奏会開催予定。
5003

調整後の動画、「ひき潮」