長距離夜行の中で一番高級な車両、軟卧。

4人個室で、二段ベッドが向かい合っている。
ベッド幅も硬卧より広い。
IMG_0945

車内の写真を撮っていたら、列車長に呼び止められ
鉄道の車内は撮影禁止ですと怒られた。

食堂車で撮りまくっている時からマークされて
いたのかもしれない。

日本には食堂車がもうないから、珍しかったんです
というと、4時間以上の列車には、食堂車が
付いているのだと教えてくれた。

日本の夜行列車にも、並びの洗面台は、必ずあった。
IMG_0987

この一角に湯沸かし器もあって、乗客はいつでも
熱湯を使えるので、カップ麺を持ち込んで食べる
客も多い。

昔から中国では生水を飲めないため、お茶を頻繁に飲む
習慣があり、そのためにお湯がいつでも使えるように
なっている。ホテルなどに泊まっても、とにかく
お湯だけは、サービスでもらえる。

現在では、ペットボトルのミネラルウォーターが
普及して、お茶を頻繁に飲む人も減ったように感じる。
IMG_0595

硬卧、の下段で深夜まで楽しく語らう若人たち、、、
IMG_0963

深夜に止まった、地方の駅、、、
IMG_0591

眠れないようで、ウトウト眠れて、でも時々目が覚めて、
またウトウトして、とりあえず、何時間かは眠れたと思う。

暑い1日、全く眠れずに行動するのはホントにキツイので、
なんとなく眠れたなぁ、と思えるだけ眠れたのは
良かったと思う。

夜行寝台列車の切符は、乗った時、列車員のお姉さんに
番号札と交換してもらってあり、下車駅が近づくと
再びその札と切符を交換するので、その際に
起こしてもらえる。だから、寝台列車では、寝過ごす
ことは、ない。
IMG_0586

眠れたと言っても、やはり5時。早すぎる時間に
アタマはボーッとしながら、列車を後にする。
IMG_0496

この列車は、5時10分に広州に着き、22分止まって、
さらにさらに遠くの昆明まで走る、、
IMG_0495
IMG_0491

出口へ向かう
IMG_0488

出札口付近では、人、人、人!
IMG_0485

中国では、とにかく
人、人、人!
IMG_0483

広州駅前に出たものの、朝5時だぜ?、どーする?
IMG_0481

大ターミナル駅、広州、、

駅前の広場に、朝5時から、何千人いるのだろう?
IMG_0479
IMG_0473
IMG_0472