ヤマハのベビーオルガン

-
image
-

全体に金色の装飾が
入った、やんごとなき
特別なデザイン!

おそらく大正時代

直したらスゲェんぢゃね?!、
と思う一台、、、、(u_u)

ベビーオルガンとは、
両手に取っ手のついた
タイプのオルガンで、
小さい割に音量も抜群で
4オクターブの音域が
あればバッハも殆ど
弾ける。
大正以前のものは
側板が「金魚」の
形をしているため
金魚型オルガンとも言う。

何よりも、持ち運びが
出来ることと、癒し系の
リードの音色で、
若い世代が欲しがるのは
このタイプである。

実際には、ベビーオルガン
の修理は大きなオルガン
と大して手間も変わらないため
結構費用も時間もかかるので
欲しい!、と思うだけの方が
多いです。

が、魅力ある楽器という点で
直しがいのある修理なのです。

-
全面に金色模様!
image

-
ペダルの模様も大正時代らしく
派手で華麗!
image