ピアノ調律師「才気堂」

「才気堂」とは、古い楽器を「再起動」するという意味です。 あらゆるピアノ、リードオルガン等鍵盤楽器を修理再生&調律します。

2020年01月

Farrand&Votey ReedOrgan 1891 調整その2

製造番号26193
5003

リードオルガンアトラスによると
デトロイトでほんの数十年だけ
作っていたメーカーで、
創意工夫、特許も多く、
堅牢で高級なオルガンを
作っていた、、、
FullSizeRender
FullSizeRender

アクションのみを預かり、
分解掃除、、
5003

鍵盤土台が割れていたので接着
5003

カプラーは、前に直した(?)ヒトが
テキトーに釘で止めていたため
正常に機能しなくなっていた。
5003

仕方ないので、釘を数カ所
ネジに交換して、しっかり
動くようにした。

本来なら、ヒンジとして
ラバークロスで貼るものである。
5003

リードを全部外して、
リベットを打ち直す。
黄味が強いのは、銅の
割合が多い真鍮だから。
5003
5003

白鍵の剥がれたところは、
こうして貼り直す。
5003

風袋のほころびを
柔らかい革でふさぐ。

風袋は、張り替えるのが
一番良いのだが、
とりあえずこうしてふさぐだけでも
ちょっと空気もちが良くなる。
ただしこの方法は、効果が
長続きせず、またここから
剥がれて漏れたりする。
5003
5003

調整、調律完了。
3月22日、私も参加して
ここで演奏会開催予定。
5003

調整後の動画、「ひき潮」



Farrand&Votey ReedOrgan 1891 調整その1

上尾市、聖学院教会にある
Farrand&Votey リードオルガン

製造番号26193 推定1891年製

20年くらい前に、教会の
名物にしようと購入されたらしい。
が、1度演奏会をしただけで
あとはそのまま、楽器として
使われることなく時間が過ぎて
いったという、、

今回、このオルガンを楽器として
弾けるように復活させて、
教会の行事などで使っていきたい、
という依頼で、予め検品した結果、
風袋は何とか使えそうなので、
分解掃除と調律をすることにした。
5003

鍵盤の上全体がパカッと開くのが
このメーカーの特徴
5003

裏側。奥行きは意外にスリム。
5003

デトロイトでほんの数十年だけ
花開いたリードオルガンの
メーカー、、
各部の作りはよく出来ていて、
かなりの高級品だったと思われる。
5003
5003

1891当時では、超ハイテク素材
だったはずの「セルロイド」

129年の時を経て、剥がれたり
しているものの、一枚も割れていない
反ったところは貼り直す。
5003

ずっと回らなかった
Vox Humana、
プロペラが剥がれて
引っかかるので回らない。
貼り直せば回ると思う。
5003

倒して、風袋の状態を検査。
小さなほころびがあるので
若干空気漏れがある。
本来の素材「ラバークロス」
ではなくテント用のビニール
みたいなものが使われているため
早く寿命がきてしまっている。
5003

ペダルの位置が低いために
これまでずっと、
「弾きにくいオルガン」として
敬遠されてきたらしい。
ペダルの高さを上げようと
見てみたら、何と、ペダルのヒモを
調節出来る機能が付いていた!
5003

大袋、小袋ともに、折り目に
ほころびがある。
5003

1924年製ヤマハ11ストップ リードオルガン修理物語 その4

響板まで外したところ
5003

スエルのロッドは、アルミで
手作りされていた!

これも同型機種から部品を
取って使う、、、
5003

風袋を外したところ
5003

所々に残る「元の色」
鮮烈な赤!
5003

ペダルの蝶番は、ドア用の
デカいものに換えられていた。
本来の構造に戻す必要がある。
5003

リードオルガンの修理で
最も大変なのが「分解」である。

ねじ頭が潰れていたり、
サビが酷すぎてどんなに
力を入れてもウンともスンとも
言わない強固なネジ、、、

それでも力を入れて回そうと
するとドライバーが欠けてしまう。
5003

同型機種のペダル二種、
木の欠けの少ない方を使う。
5003

側板を外したところ。
この機種は、装飾が多い、、
5003

再塗装するためには、
外せるところはことごとく
分解する。
5003

ここまでバラバラに、、、
5003

明治の山葉オルガンを解体

引取った時から、
修復困難だった、
製造番号80000台の
山葉オルガン、、

恐らく1905年(明治38)頃のもの

本体は桜材で、ちょうど
修理中の大型オルガンに
燭台を付けなければならない為、
その材料が取れるかもしれない。

一念発起して、解体することにした。
5003
5003

このくらいのオルガンの解体は、
1日では終わらない、、、

何故なら、ネジが錆びすぎて、
木部と同化して回らないため、
一つ一つ、いちいち外すのに
トホホな手間がかかるからである。

外に放置していたので、
塗装が剥げているが、、
このオルガンは元々は
「真っ赤」な色をしていた。
5003

裏から見ると、桜材の
非常に美しい木目の部分を
使っている。モヤモヤっと
雲のような模様が出るのが
美しい桜材である。
5003

鍵盤からの伝達は、
後のピットマンシャンクではなく、
ネジ式で鍵盤高さを調整出来る
ような進取の構造になっている!

さすが、明治の職人!
5003

バルブを下げる部分は、
金属ワイヤー製
5003

鍵盤、響板を外したところ
5003

ひとつ外すごとに、
バカバカしいくらいの
手間がかかる、、、
5003

どうしても外せないねじは、
アタマごとドリルで削ってしまう。
5003

ちょうど真ん中に穴をあけるのは
物凄く難しい、、、
5003

ここまで削ってしまう、、
5003

抜けないネジ、折れたネジも、
とりあえずぜえんぶはずす、、、
5003

側板を背中合わせにすると、
「山」のカタチになる、、、
5003

こちらは同型機種の側板。
次回解体予定のもの。

背中合わせにすると富士山の
カタチになるので
「富士山型」と呼ばれる。
5003

今回解体のオルガンの側板は
きれいに接ぎ直して、
机か棚にする予定。

燭台に使えそうな板は、
結局取れなかった、、、
5003


1924年製 ヤマハ11ストップ リードオルガン修理物語 その3

今回、このオルガンを直すために
IMG_1135

このオルガンを解体して
部品を幾つか流用する
IMG_1131

ペダルに付けられた鉄のプレートも
IMG_1190

こちらの方が摩耗が少ないので
コレを使う。
IMG_1189

何もかも寄せ集めるのではなく、
あくまでも本体は活かす。
小学校に置かれていたという
オルガンなので、側板の角が
丸く削れているが(左側)
右の、減りの少ない方に交換せず
あくまで本体は左側からなるべく
使う、、、
IMG_1182

解体しているとあらわれる
「元の塗色」、
鮮やかな赤いオルガン!
IMG_1175

お客様からの依頼で元々無かった
燭台を付けることになった。
同時代の似た機種のデザインを
コピーして作る。
IMG_1205

燭台は、3つの部品からなる
高級仕様!

知り合いの調律師から
木工旋盤を借りてきた。
IMG_1207

柱に付いていた筈の丸い飾り、
8個必要なのに3個しかない。

コレも木工旋盤で作り直す。
IMG_1209
IMG_1208

ピアノ名刺入れ「黄茶」を縫う

ピアノ型名刺入れ

ピアノ関係者専用名刺入れ

今回は本体が黄茶
IMG_1137

内張は山羊スエード焦茶
IMG_1138

本体が大体付いたところ
IMG_1140

糸は、銀色っぽく見える白で
IMG_1141

チマチマ縫う、、、
IMG_1145

完成
IMG_1146

名刺入れ部分は、
調律師だけが知る曲線
「調律カーヴ」をデザイン
IMG_1147

裏面ポケットにも調律カーヴ
IMG_1148

小さなキズを発見!
2割引で販売することにした、、、
IMG_1149

先日作ったスピーカーで
矢野顕子なぞ流しながら
IMG_1150

1924年製 ヤマハ11ストップ リードオルガン修理物語 その2

製造番号211299
推定1928年製 
このオルガンを解体して、
今回修理の177211に使う。

まずは、明るいところで
よく見てみた。
IMG_4056

このオルガンは、本来は、赤いオルガンである。
雑巾で濡らしてみると、小豆色に光って見えた。
(下の丸柱だけは濡らしていない、違いがわかる)
IMG_4057

丸柱も拭いて全体を濡らしてみたところ、
IMG_4070
IMG_4069

屋内に入れていよいよ解体しようと
思いつつ、なかなかできない場面、、、
面倒なのと、よくよく考えないと、と 
思うのとで、逡巡躊躇する。

古い楽器の修理は、かふいふ「座視」してる
時間がとっても長い、、、
IMG_4100

直すべき楽器、、、

2つある膝ペダルの左側が
欠損している、
IMG_4104

ヤマハモニタースピーカー修理

昨年11月に直して上手くいった
ヤマハモニタースピーカーMS20S
のユニットのエッジの貼り替え
今回は、自分用の、2台を、、

貼り替え用のエッジ、
IMG_1049

この機種は、スピーカーの周囲
のエッジが破れて割れるのが多い。
IMG_1052

まずはユニット周囲の部分を
マイナスドライバーで剥がす。
結構しっかり付いている。
IMG_1058

ことごとくキレイに剥がす、
IMG_1060

次に、彫刻刀などで、古いエッジを
丁寧に、チマチマ剥がす。
FullSizeRender

左、剥がし終わったところ
FullSizeRender

結構サッパリ取れる。
FullSizeRender

新しいエッジを貼ったところ、
FullSizeRender

大音量や、激しい音源でも、
しっかり鳴るようになった!
IMG_1071

1924年製 ヤマハ11ストップ リードオルガン修理物語 その1

2020年1月18日、長野より預りの
ヤマハ11ストップ リードオルガン

製造番号は177211 推定1923年製
関東大震災の頃である。

最期は小学校で使われていたものを
廃棄されると聞き、引き取った
ものだという。

直るものなら直して、美術館に寄贈して
多くの人々に弾いてもらいたい、という
依頼である。

現状:
・鍵盤蓋が無くなっている
・風袋空気漏れ、演奏不可能
・装飾各部に欠損あり
・白鍵のみ貼り替え跡あり

鍵盤蓋が無い状態、、、
新しく作るか、似た機種から流用するか、
IMG_4016

白鍵のみ貼り替え跡あり。妙に真っ白なのが
気になる人もいるかもしれないが、
これはこれで悪くは無いと思う。
IMG_4018

無くなっている装飾
IMG_4017

接着が剥がれた部品を現代のプラスネジで
堂々とネジ止めした箇所。目立つので、
接着はきちんとやり直して穴を塞ぐか、
あるいは似た機種からこの部分を流用する。
IMG_4032
IMG_4026

鍵穴の金具は欠損して、
鍵穴の下部に何か金具をつけて
外した跡がある、
IMG_4031

陽が当たってない部分に残る
このオルガンの元の色。

赤みの強い小豆色、
IMG_4020


なんと!、ほぼ同じ機種を廃棄用として持っていた。
製造番号214299 今回修理予定の機種とほぼ同じ。
おそらく1928年頃のもの。見た目はキレイだが
内部の痛みは激しく、修復困難な一台で、
解体も大変なのでどうにも出来ず困っていたが、
役に立つ時が来た。このオルガンの蓋や、
その他の部品を流用して、今回修理のオルガンに
使うことにした。
IMG_4054

ダイソー300円スピーカー ワイヤレス化

昨年の「レコード合宿」で
作ったスピーカー

ダイソーの300円
スピーカーを木の箱に組み替えた
ものである

その安さの割に、信じられない
くらい音が良いので、
改造したり箱を入れ替えたり、
色々楽しめる人気製品、、、

先日、Bluetoothでワイヤレス化
したものを見て、一触即発!

思い切って、オーディオ、電源、
二本の線を片付けよう!と考えた。
IMG_0989

Bluetoothは、既にワイヤレス
を実現させていた進取の人「T氏」
から貰った。クマソンで250円位
の高級品らしい。

T氏に聴かせてもらった
Bluetooth経由の音は、
すごく良かったので、
是非自分でもやってみたいと
思った、、、

無線でステレオ音声を飛ばせる
装置は、こんなにコンパクト!
こんな無線のシステムがあれば、
太平洋戦争も関ヶ原の戦いも、
せずに済んだのに、と、ふと思う。
IMG_0993

木の箱の中は、結構空きがある。
FullSizeRender

内蔵電源は単三電池3本のボックス
を入れるので、裏面に四角い穴を
開けた。
FullSizeRender

Bluetooth、電池ボックスを
組み込んでいく。
IMG_1008

電源を内蔵させると、
その「スイッチ」も必要になる。

表面の顔の「鼻」の位置に
スイッチをつけることにした。
IMG_1009
IMG_1011

内部配線が終わったところ。
FullSizeRender

完成!
IMG_1017
IMG_1019

Bluetoothも正常に作動して、
音質も良好!

左の「くまスピーカー」も
ワイヤレス化しようかな、、、
IMG_1024




1894年製 Chicago Cottage Organ ペダルひも修理

1894年製
Chicago Cottage Organ 社製
リードオルガン 

これまでに
風袋張替え、棚板再製作、
をして何とか弾けるように
したものの、ペダルひもが
切れてしまい演奏不可能に
なってしまった、、
IMG_0818

ペダルが片方下がったままに
なるのは、ペダルひもが切れて
いるからである。
IMG_0819

切れているのは左側の
ひもだが、今回は、左右とも
新しく付け替える。
IMG_0820

分解すると分かること、、

このオルガンは、古びて
焦げ茶色に見えるが、元々
赤い色をしたオルガンだった。
IMG_0821

分解の難しいオルガンは、
寝かせて手術する。

人間と同じように、、、
IMG_0822

元々のひも(1番右、126年前?)に
重ねて後から別のひもがつけられて
左側は重ねた二枚が1度に切れて
しまった。
IMG_0826

ペダルの部分だけ外す、、
FullSizeRender

126年生きてる間には、
語り尽くせない色んなことが
あった、、、何度か修理された
跡を見て、昔日に思いを馳せる、、
IMG_0828

作業していると、ペダルの
左の板が割れていることが発覚!

それも再接着した。

古い楽器を直し始めると、
あっちも、こっちも、気になる
ところを直すことになる、、、
IMG_0832

ペダルひもの留め具も新製して
スッキリ!サッパリ!
IMG_0834

このオルガンは北米特有の
高いピッチで、元々は452Hz
あたりだったようですが、
全体に少し下がっていたので、

昨年12月の演奏会で使用の前に
急遽443〜444Hz前後に
ザッと合わせました。

こうすることで、
現代で生きることが
出来るのです。

ピアノ関係者用名刺入れを縫う

既に世界中で30人以上の方が
愛用している、ピアノ関係者用
本革手縫い名刺入れ、、、

今回は本体青にピンクの糸、
ベージュの内張で作ってみた。
IMG_0802

絞りで型を作った本体にマグネット
をつけたところ。
FullSizeRender

ベージュの内張を貼って、
全てが組み立てられたら、
ピンク色の糸で縫う。
IMG_0807

青い革にピンク色は、
結構合うかもしれない。
IMG_0809

出来上がり、調律カーヴを
採り入れた粋なデザイン!
IMG_0810


IMG_0811

この色使い、気に入ってくれる
人がいるだろうか?
IMG_0814
IMG_0816

ピアノ関係者用名刺入れは、
当方のオリジナル革製品です。
基本的に注文製作ですが、
ネットショップBASEでも
好評販売中です。

開心堂 https://gsfr3.app.goo.gl/rc1g9x #BASEec

ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その10

肩ベルトの作成。
幅50ミリにするために、
62ミリで切ってへりを5ミリ
ずつ返し折りして貼る。
FullSizeRender
FullSizeRender

更に床革で裏張りをして厚みを
持たせて、裏革に肌触りの良い
鹿革を貼る。
IMG_0030

3本線の縫い目を入れて、
IMG_0024

本体にカシメで止めた後、
更に補強の縫い目を入れる。
IMG_0026

完成して、リードオルガンと
記念撮影。
IMG_0018
深夜のため、画像が暗い、、、
IMG_0016

明るいところで見ると
こんな感じ、、、
IMG_20200114_113027
IMG_20200114_113044
IMG_20200114_113120

製作時間48時間、、
出来栄えは82点くらいだけど、
本革のホンモノ感はハンパないっす!

鹿革を使った肩ベルトは、
使い始めからいきなり馴染む感じで
贅沢感満点!!

ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その9

前胴とマチを縫う。
マチの幅は最終的に60ミリにした。
IMG_0047

平面を縫い合わせて立体にするのは
革特有の技法だが、上手く合わせる
のは非常に難しい。
IMG_0041

前胴とマチが付いた状態。
内張は山羊の黒スエードが全体に
貼ってあるので、高級感200点満点!
IMG_0038

背胴を縫い合わせたところ。
IMG_0037
IMG_0036

左からA4判、
全音判(一般的な楽譜サイズ)
コルトー版のショパン判
これらのサイズ全てに対応している。
IMG_0032

ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その8

ベルトの角カンが入る所は、
カシメで止める。青に金色が映える!
IMG_0062
IMG_0061

本体マチと3本ラインで縫い合わせ、
角カンの当たるところにも補強を
兼ねて1本縫い目を入れる。
IMG_0059

手縫いの作業は、30センチ
縫うのに1時間くらいかかる。
IMG_0057

なぜ3本線かというと、
ピアノの弦が1音につき
3本ずつ張ってあるからです。
IMG_0056

硬めの厚めの芯材を入れてあるので
カタチもしっかり!
IMG_0052

ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その7

背胴には補強を兼ねて、A4書類
サイズのポケットを付けてみた。
IMG_0071

ポケットにも、背胴にも芯材を
入れてあるので、物凄い強固感!
IMG_0073

背胴に黒スエードで裏革を貼り、
フタと縫い合わせる。
IMG_0072

改めて楽譜をあててみて、サイズを
確認したら、楽譜を満載した時に
フタが閉まらないことが発覚!

急遽、背胴の下部に20ミリ継ぎ足す。
IMG_0066
IMG_0063

ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その6

今回の鞄は、フタ(かぶせ)の
部分にワニ型押しの牛革を使用。
FullSizeRender

いわゆる「ワニ革」ではなく、
牛革にワニの模様を型押ししたもの。
みんながワニ革だと思ってる
バッグのほとんどがこの手のもの、、
FullSizeRender

見栄えの良い方向、部分を選んで
型取りした。
FullSizeRender

フタになると、こんな感じ、、、
IMG_0087

ポケットにかぶさると、こんな感じ、、
IMG_0088

フタの手前の部分に芯材を貼る。
IMG_0083

裏革に黒スエードを貼ったら
周囲を縫う、、、
IMG_0077

縫い終わり、、、
IMG_0078

ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その5

重い楽譜を満載しても良いように
補強とデザイン性を考慮して、
肩ベルトがぐるっと底を回る
設計にした。

まず、ベルトの中に床革で芯材を
入れて貼る。
FullSizeRender

床革はへりを漉いて、角の部分は
切って三分割で貼る
FullSizeRender
FullSizeRender

ベルトのへりを貼ったら、
まず真ん中に縫い目を入れて、
IMG_0098

そのあと両側に縫い目を入れる。
IMG_0093
IMG_0096

角の部分は縫わずに、
直角に折り曲げた状態で
3面に3本ラインを
縫っていく、、、


iPhone 6s バッテリー交換

2018年12月、
中古で買った
iPhone 6s

どのくらい古いのか
分からないが、
バッテリーの減りは早く、
1日に何度も充電しなければ
ならなくなった。
IMG_1322

以前、iPhone 5cで自力でパネル交換2回、
バッテリー交換1回経験しているので、
今回も自分でやってみた。

クマソンで1700えん位のセット
工具一式と手持ち用リングが
付いている。
FullSizeRender

まずは本体下部のネジを外して、
パネル部分を開く。
なんだかベトベトがついている。
あとで知ったがiPhone 6sは、
防水のベトベトがぐるっと入って
いるので、外す前にドライヤーで
温めるのが正しいやり方らしい。
IMG_1328
IMG_1330

面倒なのでちょっとモギリながら
チカラで剥がして開いた。
IMG_1332

新しいバッテリー
IMG_1338

実は古いバッテリーを剥がすのが一番大変
IMG_1339
IMG_1341

チマチマやっているうち何だか古いバッテリーが
熱を持ってきたので、慌てて作業場に行き、
しっかりしたペンチでグイと剥がしました。
IMG_1342
FullSizeRender

両面テープの跡をキレイに剥がして
新しい両面テープを貼り、
バッテリーをセットしたら、
IMG_1344


元どおり中のネジを締めて、
パネルを付け直して本体下部の
ネジを止めれば完了。

何事もなかったかのように
電源が入り、画面も中身も
元どおりになりました。
IMG_1346
IMG_1348

あとは、充電してみて、
持ちが良くなっていたら
「成功」です。

あまり効果がなかったら、
別のバッテリーで、
またやってみることになります。





ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その4

前胴にポケットを縫い付けたら
蓋の止め金具を付けて、裏に金具を
隠す革を貼り、金具の周囲に
アップライトピアノのハンマーの
形にステッチを入れる。
IMG_0148
IMG_0146

ファスナー部分を最初に縫って、
それから周囲を縫う。
後から思いついたペン差しも
付けてみた。
IMG_0135
IMG_0121

今回の鞄は、重い楽譜を満載しても
良いように、厚手の芯材を入れる。
ボンテックスの特厚のものを貼った。
IMG_0125
IMG_0119

ポケットは、端を脇に回り込ませる
ことでファスナー全開が可能になり、
領収書サイズがすんなり入るように
なった。
IMG_0112

前胴上辺には革を当てて縫った。
IMG_0113

現在進行形の作業現場の図
IMG_0129





ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その3

前胴ポケットの製作

まずはカットした革の裏面に
ボンテックスという芯材を貼る
IMG_0194

更に裏革として山羊の黒スエードを
貼る。表革より3ミリほど小さく
切ったもので、縫い合わせた時に
縫い目にかからないようにする。
IMG_0191

上辺は「へり返し」する。
IMG_0188

目打ちで印をつけ菱キリでひとつずつ
穴を開けていく。
IMG_0187

青い革に水色の糸、、
売ってなさそうな色使いで
素敵な鞄になりそう!
IMG_0189

ポケット前面に、マチを縫い付ける。
IMG_0180

更にファスナーを縫い付ける。
こちらのポケットには、
隣のスマホ用ポケットのラインが
伸びてグランドピアノの譜面台の
カーヴを描くラインを飾りに
縫い込んだ。
IMG_0170

IMG_0171

前胴にポケットを縫い付ける。
革特有の性質で、角の部分は、
革を伸ばして合わせながら縫う。
IMG_0155
IMG_0147

ピアノ関係者専用楽譜鞄を作る その2

革鞄をカタチにするには
まずは設計図、、

そしてそこから「型紙」を
作っていく。

暗中模索、五里霧中の中、
先に前胴のポケットを作る
ことからスタート!
IMG_0232


スマホが入る部分は普通にポケット
領収書が入る部分はファスナー式に
IMG_0227


ポケットの革と芯材を並べて
考えたり迷ったり、、、
IMG_0220


迷いながらも走り出した。

ポケットの前面の周囲を漉いて
芯材を貼って、周囲にマチを縫う。
IMG_0215
IMG_0214

イメージが掴めないので、
カレンダーの紙で原寸大の
模型を作ってみた。 

本体には楽譜がピッタリ入れば良い。

何センチ分入れるか、迷って、
とりあえず70ミリで、、
IMG_0212
IMG_0208

蓋のデザインは、もちろん
グランドピアノ!
IMG_0204
IMG_0201


製作1日目は、半分くらいが
悩んだり迷ったり困ったり
しながら、紙で原寸大模型に
何度も触れて、、、

とにかくポケットを
縫ってカタチにしたい

革で何かを作る時、
時間を忘れて夢中になれる。
正月、元旦、、

作業は深夜まで続いた、、





QRコード
QRコード
記事検索
ギャラリー
  • ゲスのニューアルバム!
  • ゲスのニューアルバム!
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
Recent Comments
訪問者数

    • ライブドアブログ