ピアノ調律師「才気堂」

「才気堂」とは、古い楽器を「再起動」するという意味です。 あらゆるピアノ、リードオルガン等鍵盤楽器を修理再生&調律します。

2019年06月

レコード合宿に向けて

いよいよ3週間後
敢行予定の
「レコード合宿」

レコードって懐かしいよね、
的なイベントにとどまらず

かつてのレコーディング機器
再生装置、再生方法、
スピーカー、など、
録音全般にわたって
アレコレやってみる催しです。

今回、太田市の調律師
M氏が、カーステレオを
元に作り上げた
据置型ポータブルステレオ持参!
IMG_5437

カーステレオは、アンプ内蔵で
CD、ラジオが聴ける、
コンパクトな高級オーディオなのです。
IMG_5438

M氏の装置は、スピーカーを
分離できる構造、、
IMG_5439

電源には自作パソコンのものを
つないで使ってある。
IMG_5440

調律師でありながら、
電気改造もこなすM氏。
IMG_5441
その製作記、
実際の鳴りを体感できます!
M氏の参戦は土曜日午後から
夜の予定です。

レコード合宿専用棟は、
ひとつ新築されて2棟に
なったため、男女別々の
合宿が可能となりました。

オーディオは、オジさんの
趣味、と思われがちですが
レコードやCDをより良い
音で楽しみたい!というのは
男女問わず、地球人全員の
希い、であります。

女性は音響やオーディオに
興味がない、のではなく、
具体的に体感するチャンス
があまりなかったかも
しれません。是非是非、
今現在聴いてる音を、
より美しく有意義にさらに
良い音質で楽しめるように、
色んな装置の効果や仕組みを
体験してみましょう!

皆様が勇気を出して参加される
ことをお待ちしております。

尚、半日だけ、夜だけ、
など、ほんのちょっとでも
参加は大歓迎ですが、
「行きたいけどその日は」
「盛会をお祈りします」など
来ない方からの
「行けない事情」を
お知らせいただく必要は、
ありません。

https://www.facebook.com/events/419388398848646/?ti=icl

健康ランド

あずま健康センター
グランドホテル、
IMG_5416
IMG_5417


に投宿物語。
IMG_5418


一晩泊まって
1836えん。

とにかくフロが
メチャ広くて豪華!

日本人は、フロが
贅沢なら、
寝る場所なんて、
どうだって良いのである。
IMG_5419


今日は、通暁組は
全然いなくて、
オレひとりかよ?
IMG_5421
IMG_5420


どうせ、ヒトは
1人で生まれてきて
ひとり、人知れず
死んでいくのである、

こんなひとときこそ
当たり前の、普通、
なのかもしれない。

「強ぇ」で首振りで
轟然と回っていた
工場用扇風機は、
消しておいた、、、

1905年製、山葉風琴

最後に調律をして
修理完了、、、
IMG_5430


終ってしまって
残念、、、

1905年(明治38)年製
山葉風琴、第五號。
IMG_5429


恐らく現在の値段に
して55万円位の物だが、
この風格、高級感は
「もっと高そう」
IMG_5427

ぢつわ、見た目もすごいけど
音出すと、もっとスゴいんです、
IMG_5428


納品までの試奏の
嵐に、乞うご期待!

オルガンのペダル描き、最終日

リードオルガンの
ペダル描き物語
IMG_5389


最終日、もう一息、、
IMG_5388

元のペダルは、こんなかんじ、
IMG_5387

1番最期の、黒、
細い線を入れるのが難しい。
IMG_5390


ちょっと違う所もアルカポネ
だけど、大体似てるから、
まぁ、良んぢゃねん?
IMG_5386


手は忙しいけど
アタマがヒマなので、
サタデーナイトビーバー
堂々二枚組とか全部
聴き終えてしまう。
IMG_5391


2枚目は、どうでもいい曲や
映画では使ってねんぢゃね?
的な陽の目を見ない曲ばかり
だが、ペダル描きには、
次々とかかるダンシング
ミュージックは、結構
合うかもしれない。
IMG_5392

ベビーオルガン修理まもなく完了

長かったオルガンの
修理もそろそろ終着駅、

昔、長距離の列車に
乗ったりすると、途中で
退屈になり、憧れて
せっかく乗れたのに
早く着かないかなあ、
などど思ったりして、
しかし終着駅が近づくと
旅が終わってしまうのが
残念に思えたりした
ものである。

ベビーオルガンによくある
譜面台の金具の修理、
軸の部分だけ新製して、
しっかり直せてしまった。
IMG_5394
IMG_5395
IMG_5396
IMG_5397
IMG_5398


ペダルも実は、表面の
模様だけでなく、ペダル板
も新製してある。
IMG_5399
IMG_5400


少し音を鳴らしてみた
感じでは、ものすごく
哀しい侘しい、
安倍総理に聴かせたら
国民中心政治に
国政大転換するんじゃ
ないかと危惧するくらい

切ない「泪の音色」が
誰でも気軽に出せてしまう
楽器のようだ、、、

明後日完成予定、、、、、

新緑の大小山

久々の、大小山、、
IMG_5339

新緑の香りがスゴい!
IMG_5340


足利フラワーパークの北
にあるこの山は、高さ
300mくらい、初めてでも
90分、慣れると60分で
登れるので、
IMG_5341


ジムとかに行って機械相手に
歩いたり走ったりするより
自然を満喫できて良いです。
IMG_5342


低山ながらも、岩場や
鎖場などあり、
IMG_5345

頂上は360°大展望
なので、登り甲斐の
ある山です。
IMG_5343


午後、ちょっと時間が
あると、ふらっと行って
サッと登って来るのです。
IMG_5344

超ド級リードオルガン搬入物語

超弩級リードオルガン、
納品物語、、
IMG_4843

奥行がドア幅より微妙に
大きくて入らないので、
分解して鍵盤を外して
入れました、、

組立てるとこんな感じ
IMG_4844

怪人T氏による試奏、、、
IMG_4845



納品後、東大宮の
音楽準備室で懐疑。
IMG_4847

Nゲージも運転できる
安心居酒屋、、、
IMG_4846


ベビーオルガンのペダル描き、その3

第3話「滴水穿石」

ベビーオルガン
(足踏み式オルガン)
のペダル描き、
IMG_4828

唐草模様は、元の模様を
見ながらフリーハンド!
IMG_4828
IMG_4831


この塗料は乾くのに
24時間かかるので、
以前は1日1色ずつ
描いていた。が、
IMG_4832
IMG_4834

今は、乾いてない所に
触らないよう注意して、
3色くらい描く、、、
IMG_4829
IMG_4830
IMG_4833


手は忙しいけど、
アタマがヒマなので、
ハードオフで買ってきた
歌謡ちゃんぽんレコードを
続けざまに何枚もかける。
IMG_4835


伊勢佐木町ブルースは、
「Ah、、!、Ah、、!」
の部分だけ殊更に
オトナの女性が熱唱して
いるけど歌のない演奏。
コレを見てカラオケ的に
歌うものらしい。
IMG_4837


いい湯だな、は、
元々内気だったけど子供3人
産んで逞しく生きるうちに
性格が変わったママ仲間、
「プラス思考母ちゃんズ」
的なグループの
最大音量で、ラリってる
どうにも止まらない快演!
IMG_4836


本人歌唱の歌が入って
いたりして、ホントに
ごちゃまぜ、、、

7枚あるけど、本来は
10枚組なので、あと
3枚も見つけたいなぁと、
何となく思う、、、

ベビーオルガン、ペダル描き、その2

オルガンのペダル描き
第2話「行雲流水」
IMG_4783


昨夜の黄色がようよう
乾いた頃、2色目の
赤を描く、、、
IMG_4784


ボテッと塗るには
塗料をたっぷり含ませた
筆でゆっくりゆっくり
描く、、
IMG_4785


アタマがヒマなので
ハードオフで買って
しまった、世界の
音楽全集みたいなヤツを
延々とかける、、、
IMG_4786
IMG_4787
IMG_4788


この手のレコードは、
見開きになっていて
何故か異国の成人女性
(ちゃんと服着た状態)
が横たわっている豪華な
写真が大きく載っている
ものが多い、のは、
何故だろう?
IMG_4789


古代の石窟の壁画なども
意味のわからないものが
多いが、この、レコードの
見開きの横たわり女性の
写真も、すでに、考古学の
ナゾの一つとして、今後
研究が進むことを願う、、
IMG_4790


シャンソン名曲集は、
アコーディオン中心の
少人数演奏で、秀逸!
繰り返し、何度も聴きたい
名盤をGETできた、、、

オルガンのペダル描き、その1

オルガンのペダル描き
第1話「輪郭下書編」

古いオルガンの
模様のあるペダルは
どうやって直すのかというと

模様のついたものを
買ってきて
「ペタっ」と貼れば良い
のではなく、

どこにも売っていないので
自分で描くことになる。

オルガンを完全に
直したい!

と思うヒトは多いけれど、
こういう作業があるから
なかなかみんな
やりたがらない、、、

出来上がってしまうと
何でもないことだけど
これから描く!、、
のは、何とも
トホホな気分、、、
IMG_4747


一体どうやって描くの?
という疑問、、
IMG_4748


こうやって描くのです、、
IMG_4749


アタマがヒマなので
ハードオフで買った
昔の繁華街や商店街
でひたすら流れていた
ような歌謡曲ごちゃまぜな 
レコードを何枚もかける。

船頭小唄マニアの私は、
石原裕次郎の船頭小唄
聴きたさに、この一枚を
108円も出して買ってしまった。
IMG_4750


石原裕次郎も船頭小唄が
好きで、歌の前に、
「何でこんな歌が
        いいのかって?
      まぁいいじゃないですか」
と、石原裕次郎らしい
解説が入っている。
IMG_4751

1905年製ヤマハベビーオルガン、外装塗装、、目止め

木工塗装で最も重要な作業

「目止め」

目止め作業は、物凄く
重要な作業だけど、
非常に面倒なので、
DIYに慣れた方でも、
なかなかやらない作業
かもしれない。
IMG_4684


木理が黒く出るように
試行錯誤の連続である。
IMG_4685


ニントモカントモ
にんにんでござるよ、、

ベビーオルガンの再塗装。その1

ベビーオルガンの
塗装、、

オルガンの敢然修理は
その大部分が塗装である。
コレは何十年も経った状態
IMG_4636

右は塗膜を剥がして木の素地まで
出した状態、、
IMG_4637

全ての部材、全ての塗膜を剥がして
木の素地から塗装をやり直す。
IMG_4638


剥離剤をかけて、刃物で
はぎ取る、、
IMG_4639

そして、塗装作業は
剥がして、素地を作る
ことで明け暮れる。

元の塗装を徹底的に
剥がす理由は、
美しい木目が
クッキリと出てくるから。
IMG_4640


コレをやると、物凄く
面倒な作業になるけど、
古い楽器の古い木の
美しい木目を際立たせる
塗装をするには、
こうするしかない。
IMG_4641
IMG_4642


古い塗膜が木目をぼかして
いたものを剥がしてみると、
雄壮な猛々しい木目が
出てくる、、、
IMG_4643


これから、
全体にヤスリをかけて
木工塗装で最も重要な
「目止め」作業をして、
小豆のような渋い
赤色に着色して、、

そこまで出来たら、
もう終わったようなもの。

中塗りや上塗りの前の
作業が、ニントモカントモ
にんにんでござる、、!

ベビーオルガンの塗装その1

ベビーオルガンの
再塗装、、、

現状は、濁った茶色
IMG_4621

陽が当たってない所に
残っている
元の色は、真っ赤に近い
IMG_4624
IMG_4625
IMG_4626
IMG_4627


表裏の比較
IMG_4622
IMG_4623


これから古い塗膜を
剥がしていく、、、

中国音楽コンクールに出場!

PTNAみたいなコンクール
をやめさせたい会、の、
〜会長の私が

中国音楽コンクールに参加、
桑桐作曲「友情」を
傲然と弾ききった。
IMG_4593
IMG_4594
IMG_4592

弾いた曲はコレです、、、



-

PTNAみたいに同じ曲を
何十人も弾いて競技する
コンクールではなく、
各々が好きな曲を弾いて
集まる系の、コンクール。

ピアノに限らず、
勝ち負けを決めるもので
なければ、コンクールや
発表会は練習する目標に
なるので、時々そういう
機会があった方がやり甲斐
あると思う。

幼稚園の時、高速神戸駅
近くの神戸市立婦人会館で、
ピアノ発表会に出たので
40年以上の時を隔てて
再び神戸でピアノを弾いた。
当時はピアノが大嫌いで
ピアノの先生が家に来るのを
見計らって外に遊びに行き
時間が過ぎてから帰って
「今日ピアノの日だったん?」
などという真面目な子供だった
ピアノやってるのは
女の子ばかりなので
発表会では1人だけ男の子、
そんな世界が嫌ですぐに
やめてしまった、、、

-

神戸は私が育った街、、
後ろが山で、前が海、
地面が真っ平らでなく
ナナメになっているのが
神戸の当たり前、、、
IMG_4595
IMG_4596

この日の朝は、元町駅前の
上島珈琲店でモーニング
IMG_4601
IMG_4602

元町駅前
IMG_4600


ガード下には、長い長い
狭い商店街がある。
開店前なので全部
しまっていた。
IMG_4597
IMG_4598
IMG_4599

昼間は全部やってる。
三ノ宮から元町、神戸の
あたりまで、国鉄の高架下
に作られ、何十年も経つ
商店街、、、

小さな店が無数に並んで
いて、ダラダラ歩くのに
ちょうどいい、、、
IMG_4603
IMG_4604
IMG_4605


前橋の20年以上
シャッター閉じたままの
商店街とは、違うなぁ、
と思う、、、

-

ちなみに、コンクールの結果は
「銅賞」でした、、、

-

ところで、最初に書いた通り、
私は、所謂「ピティナ的」な
コンクールが無くなれば良いなぁと
思っています。

PTNAとガッツリ連携して
ピアノ調律の仕事を
増やしたい!と思う調律師
はPTNAの活動内容には
触れずにとにかくピアノ
弾く人が増えて調律が
増えればいいとだけ
思ってるのかもしれませんが
私は「ピティナのお辞儀」
を見た時から、バカバカしい
なぁと悟り、ああいう組織、
活動はだんだん撲滅させて
行かなきゃなぁ、と
つくづく思っている次第です。

PTNA的なピアノの使い方
ではなく、弾いて楽しい
一生付き合えるピアノとは
どういうものか、を
みんなもっと真剣に
考えて欲しいなぁ、と
ふと、思うのです。

-

PTNAみたいなコンクールを
やめさせたい会、、

は、現在会員数1.000人、
日本全国で鋭意活動中です!

私、渡邉祐治が会長を務める
「JASRACは違憲ぢゃね?の会」
と姉妹団体です、、、

へさべさの梅田

梅田をパトロール
阪神百貨店は、オサレになってた、
IMG_4560

30年ブリに歩いてみたら
街はスッカリ変わって
旭屋書店とかレコード屋とか
亡くなっていた、、、

高校生の時の行動範囲は
本屋とレコード屋と
楽器屋だったけど、
梅田は、意外に飲み屋とか
カラオケとか多いんだなぁ
と、改めて気づく、、

観覧車の突き出たビルは、
大阪を去ってからできたもの
IMG_4561


楽譜のササヤ書店は、
今もあるらしいけど
視察出来なかった、、

阪急梅田駅は、
伝統を重んじる精神で
今も30年前も
雰囲気変わらない、、
IMG_4565

車両は新しくなってしまったが
高校生の時毎日歩いたホームの
雰囲気は、何となく、ある。
IMG_4564

アタマまでマルーンの昔ながらの
車両も残っていた、、
IMG_4563

梅田の改札口に
上がるところには
大画面テレビがあり
いつもタカラヅカが
映っていたものだが、
今もそうらしい、、
IMG_4562

阪急梅田の、阪急百貨店のところ、
高い高い天井のところ、
何となくバロック音楽みたいのが
流れていたのが好きだったが、
そこは改装されて、天井が低くなり
興醒めな雰囲気に様変わりしていた。

こだま号で、大阪へ!

即位後、初の
関西訪問、、、

明日、神戸での
中国音楽コンクールに出場!
IMG_4566

こだま号か、ひかり号だと
割安な切符なので、せっかくだから
「超特急なのに各駅停車」な
こだま号に乗る。

東京から新大阪まで約4時間。
1964年開業時のひかり号が4時間
だから、全然遅くない、、、
IMG_4567

新幹線の車両は
0系以外はこれを
認めない、派の
私だが、仕方なく
N700Aに乗る、、
IMG_4569


パンタグラフや
窓の配置など、
カッコ悪いなぁと
思う、、、
IMG_4568


超特急なのに
各駅停車な、
こだま号!

殆どの駅で
5分ずつ止まるのも
イイね、、、

ひかりは秒速30万km
そしてこだまは、
1秒間に340mの
速さで伝わる、、

カード式公衆電話も健在!
IMG_4570

QRコード
QRコード
記事検索
ギャラリー
  • ゲスのニューアルバム!
  • ゲスのニューアルバム!
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
Recent Comments
訪問者数

    • ライブドアブログ