調律師「才気堂」

「才気堂」とは、古いピアノやオルガンを「再起動」するという意味です。 ピアノ調律師として、一般家庭のピアノを調律する他に、ピアノ・足踏みオルガンを再生修理していますので、その楽器をご紹介致します。 自宅は「変な家」、ドームハウスです。

2016年05月

こういう世界が、好き?

尺八と琴によるムード歌謡、、!

歌詞も載っているので、気軽に
琴や尺八に合わせて歌うことが
できるという、優れもの。

バンドの伴奏はヴィヴラフォンや
ジャズエレキギター、
ハモンドオルガンなどが優しく
支えていて、しかも安心して
聴ける名演奏。

首振り3年、スゴく泣ける。

やっぱり日本人のカラオケは

この路線だね!



-
image
image

こういう世界が好き!

CDでは決して聴けない、
レコードだけの愉しみ。

正体不明のアルバム

「新曲ヒット歌謡」 !

全然知らないヒトが歌っている
堂々14曲!

いきなり、あの日にかえりたい、
アレンジが抜群に変わっていて、
何というか、三和音だけでなんとか
おちゃらけてしまう、私が普段
「歌う会」でやってるような
似非プロのなんちゃってテクニック!

歌も、今でいうと「しょっちゅう
カラオケで歌ってる」タイプの
慣れた感じの歌手で、音程とリズム
がなかなかつかめないまま曲が
終わってしまう、って感じ。

もちろん、バンドのテクニックも
抜群に変わっていて、ドラムの
絶妙なズラし方は、生まれつき
楽器に不向きな人でもマネ出来ない
くらい。様々な楽器、それぞれが
物凄く、ちぐはぐ。

正統的でない、正規ではない、
それでも一所懸命、オトナの世界、
厳しい芸能界の荒波の中で、
ふと見つけた、凪の砂浜、

堂々と歌う男性の、ジャケットの
襟は物凄くデラックスなんだろう
なぁと連想させる、夢のひととき。

image
image
image

5号オルガン、、、

今も多くが教会などで使われている
ヤマハの11ストップオルガン、
通称「5号オルガン」

毎週礼拝で使っているというものを
とりあえず預かってきた。

日向に置いてあったので、塗装が
しっかり剥げて地肌があらわれてる。

鍵盤もペロンペロンに剥がれて
Dancing baby!

韓国の生きたイカの料理を
彷彿とさせる(u_u)

鍵盤だけ貼り替えたいようだったけど、
40年以上経った本体は、風袋も
ほころんで、調律もゴキゲンに狂って
とにかく全体的に色々直す必要がある。

この機種は、大きくて面倒だけど、今も
物凄い数が日本中で使われているので
何とかしなきゃならないんす。

-
image
image

Long long myago...

You may say I'm a groomer,
But I'm not the only one.
-
image
-
Fly myau to the moon.
-
image

神保町の古賀書店

知る人ぞ知る、楽譜の専門店

古賀書店!

古本はもちろんのこと、
新品もチョと安く買える!

お店のおじさんも専門家。
聞けば大抵、こんな感じかなぁ
と楽譜を幾つか出してくれる。

-
image

探して、ゴー!

のんちゃん危機一髪!

3秒でわかったら、29級?

-
image
image
image

-
今日も、親方日の丸の方々を
除いて、ほぼ異常なし。

スイミング

10%になったら、とにかく
余暇は
寝て過ごすしかない。

人生の価値は、ぐっすり
熟睡出来た日がどれだけ
あったかで、決まる。
image

牛革に模様を打って作るペダル

ベビーオルガンのペダルは
牛革を張り、竪琴模様を入れる。

耐久性を考えて、厚さ4ミリの
厚手の革をつかう。
image

-
まず、革を湿らせて、模様を
写す。
image

-
輪郭を切っていく。
image

-
模様が浮き出るように
輪郭を打っていく。
image

-
左が輪郭を浮き出たせたもの。
image

-
完成図。
image

幼稚園、保育園でアコーディオン

幼稚園、保育園で先生がアコーディオン
弾いて子ども達が歌って、、という情景
を楽しそうだなぁと勝手に想っていたけど

保育士、は忙しくて、待遇も見合って
なくて大変みたいで、それどころでは
ないのかもしれない。
-

image

-
でも、子どもたちと楽しく過ごしたい!
という純粋な希望を持って保育士に
なった方なら、アコーディオン、やって
みたい、と、思っているかもしれない。

-
image

-
アコーディオンをオススメしたい
と思っていた、
保育士、介護士の仕事は、
みんなで歌って楽しく過ごしましょう!
という余裕などないのかもしれない。

かといって、俺が出張して
弾いても、何だか上手くないし、
その場かぎりで、終わってしまうし。

どうすれば「楽器」を活かすことが
できるのだろう?

ベビーオルガンの塗装1

目止め、着色、セラックニス、

までが下地。

今夜はカシューを刷毛で塗る。

オルガンの塗装は本来セラックニス
かラッカーだが、このオルガンは
強くて美しいカシューで塗る。

1回目の刷毛塗りは、捨て塗り
と言って、乾いたら殆ど研いで
しまう。

そうすることで、平滑な面が出来る。

それにしても、ホンモノの桜材は
塗装することで、いよいよ美しい
木目が浮き出てくる!
-
image
image

ベビーオルガンの風袋、響板

風袋張りが完了。
-
image

-
バラバラ、バキバキだった
響板も再構築完了。
-
image

-
響板裏もキレイになり、
ピンを打って、スプリング
ハズカム!
-
image

恋のマジックトリック!

首だけ宙に浮いて見える
非常に難易度の高いマジック!

よい子はマネしないでネ!

-
image

多分。よく鳴るベビーオルガン

長年の徒労と経験から、多分、
物凄くよく鳴るベビーオルガン
を貸し出し用に完全修復中。

響板はことごとく剥がれて、
リードの収まる部分も接着が
「ぱかっ」と剥がれてしまう、

側板も、裏板も、はぎ合わせが
徹底的に剥がれていたものを
貼り直した。

響板の割れは、木を埋めて
一枚の板に仕立て直す。

このタイプのオルガンは
メチャメチャよく響く。

小さな部屋ではうるさいくらいに
床にも天井にも響きわたり、

千人規模のホールで鳴らせば
全員泣くくらい感動的に響く。

貸し出し用の専用箱も作って、
一流アーチストに使ってもらう!
というのが、今年の夢。

多分、年末頃には、このオルガンで
大ホールで使いこなせる芸術家が
聴衆全員を笑わせて、楽しませて、
泣かせでいる、と信じて、

このオルガンは徹底的に直す。

-
はぎ直した側板、裏板
image
-
響板
image
-
剥がれた部分
image
-
ぱかっと取れたリードの箱
image
-
響板の割れを埋め木で直す
image

オープンリールデッキ

とりあえず、中を開けてみて
直るかどうかカンガルー、

キャプスタンが回らないので、
開けてみたらゴムベルトが
ポロポロに劣化していた。

ゴムベルトを入手して
直してみたら、とりあえず
動いた。

ところがトラックによっては
入力していないのに
メーターか振り切れたり
息継ぎしたりしている。

電子回路がおかしいと
お手上げである。

とりあえず、、、

コレは手放そう。
-
image
image
image
image

真夜中のハードストレッチング

ひと粒300メートル!

全長90センチメンタル!

-

くじけて、いじけて、負けて、
引返して、やめて、諦めて、、

(u_u)、、、

それでも、ストレッチング!

-

おさえきれない怒り
こらえきれない悲しみ
そんなことの繰り返しだけど
決して負けはしないさ

ケセラセラ、、、
-
image
image

怒りの筑波山!

ちょっと気軽に登れる山かなぁと
甘く考えて、午後から出掛けた
筑波山。初挑戦!

登り90分と書いてあるところ、
75分で登りきってしまったが、
結構登り甲斐のある山で、
さすが百名山の一つだと感じた。

因みに筑波山にはロープウェイと
ケーブルカー両方あり、わざわざ
足で登らなくても頂上に気軽に
行ける。

まるで、本当に自分で登ったかの
ような写真の数々、、

あたかも実際に筑波山に行って
来たかのような記録、、
-
image
-
途中でケーブルカーの交換が見えた。
image
-
樹齢の高い大木が多い。
image
-
男体山、女体山、二つの頂上がある。
image
-
江戸川乱歩の怪奇小説に出てきそうな館
image
-
ケーブルカーの頂上駅。
image
-
寅さんの時代のような茶店が並ぶ
image
-
迷ってくぐる、石のトンネル。
image
-
誰もいない登山道が好き!
image
-
笑い仮面、の最後の場面?
image

風呂の壁の不具合修理

建てた時から、木の隙間がないために
カビが出てしまう、風呂の壁の不具合。

今日、思い切って木を外して、端を
少し切って、カビを落として日に晒し、
改めて付け直した。三箇所。
修正前
image
修正後
image

あとは、数日したら、ノンロットを
塗り直そう、、、、

ロールピアノと対峙

弦が切れまくって鳴らない
ロールピアノ。

恐らく1930年頃のアメリカ製
自動演奏ピアノ。

後にモーターも付けられて
いるけど、元々はペダルで
空気を送って動かすもの。

切れた弦を、まず張り替えたい
のだけど、自動演奏装置が
手前にドッサリついているので
どうやって弦を外そうか、
考えて、今日はおしまい。

image
image
image
image
image

松本清張の自伝的短編集

松本清張は、自分の生いたちの
ことは殆ど書いて
いない作家らしいが、それでも
断片的にそれを垣間見る
ことの出来る話があり、
それを集めたのがこの短編集。

松本清張が大好きらしい
宮部みゆきは、松本清張の作品の
紹介にも積極的で、解説も詳しい。

「ウチは普通じゃないよなぁ」
「他所の家族は良いなあ」
などと思いながら暗く味気ない
幼少期を送ってきた人は、
実は沢山いるのかもしれない。

つげ義春、の漫画のように、
抗いがたい泥流が滔々と流れて
遠い遠い岸辺にたどり着いて
ホッとしたいのに、ひたすら
もがいて沈まないように
あがき続けるような、

それでいて休日も平日もなく
その殆どが徒労に終わる
出口のないトンネルのような
虚しい日々を、とりあえず
歩き続けなければならない

諦めの日々、、

それは、多分、多くの人にとって
非常に懐かしい憧憬のようなもの、

-
image
image

レコードを洗う

プチプチザラザラの雑音が
多いレコードは、洗うと
音がクリアになる、、

こともある。

コツは、とにかく、強い流水で
長く流すこと。

-
image
image
QRコード
QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 理想に近づいた!
  • 理想に近づいた!
  • 貸出用ベビーオルガン!
  • 貸出用ベビーオルガン!
  • 貸出用ベビーオルガン!
  • マチのついたガマ、初挑戦!
  • マチのついたガマ、初挑戦!
  • マチのついたガマ、初挑戦!
  • 白いガマ
  • 白いガマ
  • 白いガマ
  • 今日のガマ
  • 今日のガマ
  • 今日のガマ
  • 今日のガマ口
  • 1日1ガマ  今日のガマぐち
  • 1日1ガマ  今日のガマぐち
  • 1日1ガマ  今日のガマぐち
  • がまぐち、2作目
  • がまぐち、2作目
  • がまぐち、2作目
  • がまぐち、2作目
  • がまぐち、2作目
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 調律師の工具入れ
  • 台風情報の夜、、、
  • 気ままに生きる妙年女性の休日顔、、?
  • 気ままに生きる妙年女性の休日顔、、?
  • 気ままに生きる妙年女性の休日顔、、?
  • 50年前のアコーディオン
  • 50年前のアコーディオン
  • 50年前のアコーディオン
  • オルガンで歌う会 in 桐生
  • オルガンで歌う会 in 桐生
  • オルガンで歌う会 in 桐生
  • オルガンで歌う会 in 桐生
  • 台風のあとで
  • 台風のあとで
  • 台風のあとで
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その3
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
  • 蛇腹ベルトの再生、その2
Recent Comments
訪問者数

    • ライブドアブログ