調律師「開心堂」(才気堂)

「才気堂」から、2018年、心機一転、「開心堂」に名前変えました。開心、とは、中国語で「思いっきり楽しむ」という意味です。英語の「Enjoy」のような言葉ですが、日本語には、対応する訳語がありません。日本人は「思いっきり楽しむ」のが苦手なのです。ピアノを始めとして、すべての楽器が、勉強する苦痛の種、ではなく、楽しむための道具、になりますように。

夜更けの夜市

台湾は小さな町でも夜市がある。
既に零時を回って、予定終了の
お店もあるが、まだまだこれから
客が来るところも
IMG_5129

私は実は中国語のメニューに
弱いので、未知のものをたべたい
と思いつつ、今日はとにかく
早く寝たいので、知ってる料理
ワンタン麺を頼んだ。

向かいにセブンイレブンがある
IMG_5132

IMG_5134

大盛りで200円くらい。
日本に似てて日本より濃い。
IMG_5135

若者の宿

初めての街をふらふら歩くと
今夜の宿、バックパッカーズインに着く。IMG_5125
IMG_5126

呼び鈴を鳴らして下さいと
書いてあるので、鳴らしてみるが
中でピヨピヨピヨピヨっと鳴る
のが聞こえるものの全く反応がない。
IMG_5127

仕方なくそこにあった名刺の番号に  
電話してみたら、ハロー!と
おばちゃんが出た。

何と、11時で係の人は帰宅して
しまったらしい。

外国語での電話会話は、非常に
難しい。何とか初級文法を駆使
して数字を聴き取ってパスワード
4桁を入れて、中に入った。

おばちゃんは、親切で仕事熱心で
部屋番号、部屋のパスワード、
宿泊費をそこに現れたおじさんに
渡す事、などを何度も電話して
指示した。一泊350元、約1400円。

部屋は4階、8人部屋
IMG_5137
IMG_5138

いわゆる「ドミトリー」である。


今日は食べても食べてもお腹が
空くので、おじさんに聞いた
夜市、の方に歩いて行ってみた。
IMG_5128


地下鉄に乗って

高雄空港から地下鉄に乗って
今夜の宿のある駅に着いた。  

日本と似てるけどなんとなく
違う、のが台湾の魅力
IMG_5116

地下鉄は、ゆりかもめのように
ホームはガラス張りに囲われて
電車の顔など撮れないので
中の様子だけ、、
IMG_5121

駅はどこも安藤忠雄に負けない
素敵なデザイン!
IMG_5122

ちょっと機械っぽい自販機
だけど、誰でもチャンと
切符が買える。昨年行った
ワシントンのローテクな
自販機より、先進的!
IMG_5123


地下から出ると、ようやく
台湾に帰って来た!という
気がして来た。
IMG_5124

生まれて初めての 「きままな旅」?

一見、色んなところに
自由自在に漂泊している
かのような私だが、

なんとなく、出かけてみる
のは、何十年ぶりだろう?

子供の頃、鉄道写真や、
目的の列車に乗りに行った
のも、なんとなく、ではない。

とりあえず、成田の陽は暮れて
空飛ぶ飛行機の中からは
満月に照らされる海と、
麗しの島、フェロモサの
夜景が見えていた。

IMG_5082
IMG_5085


バニラエア名物?
カップヌードルがたったの400円!

個人的に飛行機を着陸させて買ったりすると
この一杯が百万円くらいして
しまうかもしれないので、空中での
400円は、安い!
IMG_5093

満月が海に映って、バカな男の
心の鏡を洗ってくれる
IMG_5095



台南市?を上空から偵察、
IMG_5109


ラジオに出演(予定)!

ラジオ日本、


「宮川賢MT」


の取材で宮川賢

(みやかわまさる)さん

本人が来てくれた。


リードオルガンの魅力を

タリカタリ、、の筈が、


しゃみトロン、Vアコーディオン、

スピーロン、手のひらピアノなど、

ネタ大集合になってしまったので


「もしかしたら2週に渡って放送

するかもしれません」と言われ、

そうだったらイイのになあ、

と思った。



放送は7月上旬予定。


深夜1時半からの放送

ですが、時間差や、

多分インターネットで

全国で聴けると思うので

放送日決まったら

またお知らせします!


宮川賢さんは、

カパカ行進曲、や、

誰なんだお前は?


で、作業中よく聴いていたので、

有名人に会えて嬉しかったです。




番組HP ↓

http://mmmt.love/IMG_5070


ピアノ好き!専用名刺入れ

現在の在庫品
FullSizeRender

黒、白、赤、の基本的ピアノカラー
IMG_0408

赤、赤、赤、の燃えて萌えてるヒト用
IMG_0409

本体の色見本、糸の組合せ
IMG_0410

裏革の色見本
IMG_0411

なるべく直さないように直す?

昭和10年製造の山葉風琴
製造より83年経っている。IMG_5034
元は赤いオルガン
外装はそのままで、
とはいえ、とにかく
ヨゴレを落として
水拭き、カラぶき
IMG_5036
今回の風袋張替えは、
ペタンコになったまま
数分動かないくらい
大成功の出来栄え!

風袋張替えと、
156枚のリードの調律
を中心に、その他の
箇所はなるべく手をつけない
つもりが、経年変化で
劣化した個所も多いので
なんとかしなければならない

IMG_5037
昭和10年5月22日の検査印
IMG_5038
格子戸ピンのサビ
ここは部品を交換して
抑えのフェルトも
貼り替えた。

IMG_5039
バルブの革、、、
83年前のままで、
細かな虫食いもあるが
とにかくココは
貼り替えずにしのぐ 

IMG_5040
リードのサビ

洗って、サビを落として
リベットを叩いて
縁を磨く、、


この他、響板割れの埋木、
ペダルひも交換、など、
必要な箇所から優先して
修理をして、何とか
演奏可能な状態になる予定。


理想に近づいた!

ゴチャゴチャした工具を
まとめたいとあれこれ
作ってみたけど、

このスタイルが一番、
開きやすくて、中身も
見やすくて、しまいやすい。

何となく理想に近づいた!
image
-
image

貸出用ベビーオルガン!

昭和20年代の、ベビーオルガン。

直す手間は大きなオルガンと
殆ど同じなので、なかなか
仕上げまで出来なかったが、
敢えて、貸出用として
敢然修理!

この時代のベビーオルガンは
とにかく、よく鳴る!

専用木箱を作って
気軽に全国に発送貸出
する予定、、

ですが、

まだまだリードオルガンは
「あんなものぉ!」とバカに
されて、なかなかちゃんと
した楽器として認めて
もらえてないのが現実です。

ピアノなどで、鍵盤楽器を
やった方、是非、リードオルガン
の中でも格別の表現力の
ベビーオルガンの威力を
舞台で、レコーディングで
まざまざと感じていただけたら
嬉しいです。
image
-
美しい、カシューの紅溜で塗装
カシューは、美しさだけでなく
擦れに強い塗料なのです。
image
-
本体は美しい木目のサクラ材
ペダルは牛革で作り直して
あります。貸出用ですので
靴で踏んでも構いません。
image

-
お申込みは、今スグ!

-

マチのついたガマ、初挑戦!

本を見て、早速アレンジ!

マチのついたガマ口に初挑戦!

image
-
image
-
image
QRコード
QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 香港の夜景を見に行く ケーブルカー排隊編
  • 香港の夜景を見に行く ケーブルカー排隊編
  • 香港の夜景を見に行く ケーブルカー排隊編
  • 香港の夜景を見に行く ケーブルカー排隊編
  • 香港の夜景を見に行く ケーブルカー排隊編
  • 香港の夜景を見に行く ケーブルカー排隊編
  • 香港の夜景を見に行く ケーブルカー排隊編
  • 香港の夜景を見に行く ケーブルカー排隊編
  • 香港の夜景を見に行く ケーブルカー排隊編
  • 香港の夜景を見に行く ケーブルカー排隊編
  • 香港のピアノ屋、楽譜屋そして、レゴ街!
  • 香港のピアノ屋、楽譜屋そして、レゴ街!
  • 香港のピアノ屋、楽譜屋そして、レゴ街!
  • 香港のピアノ屋、楽譜屋そして、レゴ街!
  • 香港のピアノ屋、楽譜屋そして、レゴ街!
  • 香港のピアノ屋、楽譜屋そして、レゴ街!
  • 香港のピアノ屋、楽譜屋そして、レゴ街!
  • 香港のピアノ屋、楽譜屋そして、レゴ街!
  • 香港のピアノ屋、楽譜屋そして、レゴ街!
  • 香港のピアノ屋、楽譜屋そして、レゴ街!
  • 香港のピアノ屋、楽譜屋そして、レゴ街!
  • 香港のピアノ屋、楽譜屋そして、レゴ街!
  • 香港のピアノ屋、楽譜屋そして、レゴ街!
  • 香港のゲストハウス
  • 香港のゲストハウス
  • 香港のゲストハウス
  • 香港のゲストハウス
  • 香港のゲストハウス
  • 香港のゲストハウス
  • 香港のゲストハウス
  • 香港のゲストハウス
  • 香港のゲストハウス
  • 香港のゲストハウス
  • 香港のゲストハウス
  • 香港のゲストハウス
  • 香港のゲストハウス
  • 香港のゲストハウス
  • 中国から香港 列車で国境越え
  • 中国から香港 列車で国境越え
  • 中国から香港 列車で国境越え
  • 中国から香港 列車で国境越え
  • 中国から香港 列車で国境越え
  • 中国から香港 列車で国境越え
  • 中国から香港 列車で国境越え
  • 中国から香港 列車で国境越え
  • 中国から香港 列車で国境越え
  • 中国から香港 列車で国境越え
  • 中国から香港 列車で国境越え
  • 中国から香港 列車で国境越え
  • 中国から香港 列車で国境越え
  • 中国から香港 列車で国境越え
  • 中国から香港 列車で国境越え
  • 中国から香港 列車で国境越え
  • さよなら不思議なゲストハウス
  • さよなら不思議なゲストハウス
  • さよなら不思議なゲストハウス
  • さよなら不思議なゲストハウス
  • さよなら不思議なゲストハウス
  • さよなら不思議なゲストハウス
  • さよなら不思議なゲストハウス
Recent Comments
訪問者数

    • ライブドアブログ