ピアノ調律師「才気堂」

「才気堂」とは、古い楽器を「再起動」するという意味です。 あらゆるピアノ、リードオルガン等鍵盤楽器を修理再生&調律します。

新HPスタートしました!
https://pianoreedorgan.jimdofree.com

ゲスのニューアルバム!

ゲスのニューアルバムを
最大音量で試聴!
IMG_5803


2枚組なのに、
片面3曲ずつ、
全部で12曲、
合計45分、、
本来なら1枚で収まる
内容、、、

パソコンで録音したり、
データ化すると、
音がスカスカになって
迫力がなくなっていく、、

レコードは、やっぱり、
そのまま針で聴く時が
一番良い音だと思う、、
IMG_5804

教会のオルガン 中身だけ直して、、

ヤマハ11ストップオルガン
風袋張替えと、リード、ストップの
掃除をして、現場で組み立てる

この機種に多い、外装のツキ板が
ペロペロ剥がれてしまっているのを
接着し直して、それを押さえておく
治具を作った。
IMG_4528

風袋組み立て時に、こうして支えて
接着する。もたれかかり治具
〜押さえと君〜  と命名!
IMG_4527
IMG_4523

風袋を組み込み、ペダル紐を付けて
IMG_4530

調律は、全リード214枚!
IMG_4551

ぜえんぶ終わって、試奏していると、
鍵盤が下がったままの空鳴りが!
IMG_4555

そういう時は、も一度ぜえんぶ
ネジを外して分解して、響板を
外して調べてみる。
IMG_4554


ソ、の音のバルブに、木のかけらが
ついていた、、、
IMG_4559

トホホな作業を繰り返し、
この教会にリードオルガンの
響きが蘇った、、、

教会のオルガン、中身だけ直す その3

ヤマハ11ストップオルガン
この機種に良くある故障が
ストップが効かなくなるというもの

内部の革部品が切れてしまうため
IMG_4464

ココは、牛革で部品を作って
交換しておく、、
IMG_4465

バルブ(鍵盤下の空気の弁)は交換
しないが、この機種に良くある
症状で、黒い粒、リードから出た
緑青の粒がバルブに挟まって、
空鳴りすることがある、
バルブは一個ずつ外して、
ゴミなどが挟まっていないか
ブラシで掃除する、、、
IMG_4470

リードに吹き出してくる緑青、
コレはリード蓋に貼ってある
ヤギ革の影響でそうなるらしい、
IMG_4478

堅固過ぎてなかなか抜けないリード
は専用の自作工具を使って、
てこの力で外していく、、
IMG_4481

殆ど使われない
エアリアンハープのリード、
二列あって数も多く非常に手間が
かかるが、キチンと調整、調律すると
コレはコレで良いものである、、
IMG_4483

何と!製造年は1961年!
必要最小限の修理ではなく、
何もかも全部直すのが、望ましい、
IMG_4484

リードは214枚、、
ぜえんぶ外して、リベットを叩き、
汚れを落として、出し入れしやすい
ように両サイドだけ磨いておく、、
IMG_4487

教会のオルガン、中身だけ直す!その2

預かってきた風袋、
IMG_4344

裂け目から向こうが見える、
IMG_4343

剥がす前に、途方にくれる、、、
IMG_4347

弁の革もホロホロ鳥、、、
IMG_4364

レコードをかけまくりながら
「剥がす」作業は深夜まで続いた、、
IMG_4370

教会のオルガン、中身だけ直す!その1

某教会の控室に何十年も
眠っていた、というか、
隅っこに片付けられて
忘れられていたリードオルガン

おなじみ、ヤマハ11ストップ!

昨年検品に出張して、
ネズミの害で音が出なくなった
というので見てみると、そうではない。
経年変化で風袋がパリパリに
破れてしまっていた、、、

その後電話などで相談して、
お見積を
何度か書き換え、いちばん安い
方法でなんとかすることに、、

それは、現場で分解して、風袋と
鍵盤部分を持ち帰り、風袋は張替え、
鍵盤なストップは分解掃除して、
リードは全部抜いて掃除して、
後日再び現場で組立てて、そこで
調律する、というもの。

この内容だと、
弾いた時のガタガタ感など
気になるものの、
調律と風袋張替えという二大作業を
することで、とにかく「楽器」として
蘇る、、、

分解の日、この機種に多い外装の
剥がれは、後日組立て時に目立たなく
するために着色することにした。
IMG_4295

まず、裏板を外す。
IMG_4300

屋根板と、鍵盤蓋を外す。
IMG_4303

ストップを外す
IMG_4304

鍵盤、響板部分、つまりアクション
全体を外して、それは持ち帰る
IMG_4305

棚板と風袋を外す
IMG_4318

風袋と棚板、、
IMG_4320

大袋の破れたところ、

コレは、ネズミの害などではなく、
経年変化で素材が劣化している、
IMG_4312

昭和40年頃のものだが、
ここまで劣化しているのは
なかなかない、、、
IMG_4308

劣化して、カリカリになり、
パリッと割れて
しまっている、、、
IMG_4314

1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り

風袋の板の修理に結構手間が
かかったが、いよいよ袋張り

まずは、新しい蝶番をつけて、
袋がすんなり張れる位置
ねじ止めする

5003

大袋のヒンジ部分内側。
5003

ココのラバークロスは、
なかなか付けにくい。
5003

大袋を張る。
5003

小袋準備。
小袋の内側には厚紙が
貼ってある。
これを予め作っておく。
5003

カタチに決まりはない。
とりあえず元の形状をまねて作る。
5003

大袋を張る。
私の場合、張ってから、
余った部分を切り落とす。
5003

翌日、小袋を張る
5003

風袋のバルブ、ヤギ革製。
この機種のように8枚使う
大型の袋張りでは、使う革も
大量になる、、、
5003

ペダルを踏みすぎたとき
空気を逃す、安全弁。
5003

すり減ってガタが出ていた
ペダルローラーの軸受けは
新たに作り直した。
5003
5003


1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし

本来なら、濡れ雑巾を当てて
アイロンで温めていくと
古いラバークロスは、すんなり
はがれるのだが、頑固に堅固に
貼りついたものは、そんな生易しい
ことではビクともしない。

そんな時は、水を吹きかけて
アイロンを直に当てる!
IMG_4151

当然ながら、アイロンに溶けた
ゴムが、異臭を放って焼き付く!
IMG_4152

濡らしては剥がし、の繰り返し。
このオルガンの風袋は、特に
ニカワがしっかり付いていたので、
バカバカしいくらい手間ひまが
かかった。
IMG_4154

どうにも剥がれないところは、
慌てず、焦らず、水を吹きかけて
濡れ雑巾を乗せて一晩置くと
翌日すんなりはがれる、、
IMG_4156

こんな感じで一晩置く。
IMG_4158

剥がした後の、大袋の板、、
湿らせたせいか、ものすごく
反ってしまっている、、、
5003






楽譜棚、新製品完成!

私の考案した楽譜棚、、
従来の4段式を設計変更して、
5段式にしてみました。

塗色、左からエボニー
ライトブラウン、ダークブラウン
IMG_4035

アップライトピアノの上には
楽譜がドッサリ!!

というのをよく見かけます。
が、鍵盤下には何も置いてない
ことが多いです。
IMG_4025

そんなことから私が考案したのが
この楽譜棚「側近」です。

鍵盤下の、ペダル両脇に左右2つ
入ります。
IMG_4027

大量の楽譜が「一気に」片付きます。
IMG_4031

消音装置が付いていても、
ぶつからないように収まります。
IMG_4032

楽譜は重いので、柱に溝を掘って
棚板を保持しています。
IMG_4044


グランドピアノの鍵盤下にも
ピッタリ入ります。
IMG_4038

こちらは従来品。
4段式は今後特注品となります。
FullSizeRender

グランドピアノの上にドッサリ
積まれた楽譜も、、
FullSizeRender

楽譜棚「側近」でスッキリ!
FullSizeRender

電子ピアノの鍵盤下にも収まる!
FullSizeRender

楽譜棚「側近」は、
当方への直接注文にて
製作承ります。

柱の色は3色、
エボニー、
ライトブラウン、
ダークブラウン、

価格は全国一律送料、税込で
4段式は\9,900-
5段式は\13,200-
です。

下記のHPの中から塗色を指定して
メールにてご注文下さい。



ネットショップ「BASE」から
ご注文の場合、
クレジットカード、電子決済等
対応しています。


続きを読む

楽譜棚、新デザインを製作!

既に発売より20年、、
鳴かず飛ばずの楽譜棚、、
FullSizeRender

グランドピアノでの使用例
FullSizeRender

ピアノの楽譜は、コピー譜も多いので
どうしても「積んで」しまう、、
が、鍵盤下は空いている、、、
FullSizeRender

そこで私が考案したのがこの楽譜棚
意匠登録済み、、ピアノに積んだ
楽譜が一気に収まってしまう!
FullSizeRender


ピアノの鍵盤下に入れて
使うものだが、
最近、棚を5段にして、
高さを600ミリのものを
作らないか、と依頼があった。

現行品の高さは525ミリである。
IMG_3980


確かにピアノの鍵盤下の寸法は
グランドもアップライトも
電子ピアノも、600ミリより
少し高いので、現行品より高くして
棚板を5枚にしても問題ない。

思い切って、全面改良のつもりで、
高さ600ミリ、棚板5段のものを
作ることにした。とりあえず、
ひとつだけ作るのは大変なので、
12個まとめて作る。

この棚の特徴は、全体が斜めに
なっていること。そして、楽譜を
満載すると相当な重量になるので、
走らにいちいち溝を掘って、
棚板を保持していることである。

その溝を掘る作業は、物凄く
手間がかかる。
IMG_3983

ルーターで溝を掘った後、バリを
とるのが、これまた大変!
IMG_3987

棚板が5枚に増えることで、
掘る溝も増えてしまった。
IMG_3989

棚板も、ただ単に切るだけではダメ!

手触りが良いように、全体にヤスリ
掛けをする作業が結構な手間。
IMG_3991

コレは現行品、電子ピアノでの使用例
FullSizeRender




1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 風袋張替え 〜古い風袋剥がし〜

コレが、リードオルガンの風袋
一見、一度張り替えたように
見えるが、、、
IMG_3945

実は、古い風袋を完全に剥がさずに
上貼りしてあるだけ。
ラバークロスの上にラバークロスは
接着出来ないので、これでは
空気が漏れてしまう。
IMG_3944

棚板の継ぎ目に貼ってあるラバークロス
板の狂いを防ぐために、隙間を開けた
部分があり、そこを塞ぐように
貼ってある。貼り替えるには、
古いラバークロスを剥がさなければ
ならないが、それが、ものすごく
大変!!、古いニカワは強固すぎて
全然剥がれないのである。

だから、面倒くさがって、
ちゃんと剥がさずに上貼りしてしまう
ヒトがいるのである、、、
IMG_3946

普通は濡れ雑巾を当ててアイロンで
熱して剥がすのだが、
堅固なものは、直接アイロンを
当ててしまう!!!!
IMG_3947

当然、アイロンに溶けたゴムがくっつく。
イヤな臭いもする、、、
IMG_3949

上貼りでごまかそうとした跡、、

誰かがテキトーに処置した跡を
取り去る手間が大変!!
IMG_3952

上貼りした部分、ちゃんとくっついて
いないので、スルスルと剥がれて
しまう、、、
IMG_3954

QRコード
QRコード
記事検索
ギャラリー
  • ゲスのニューアルバム!
  • ゲスのニューアルバム!
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン 中身だけ直して、、
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す その3
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その2
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 教会のオルガン、中身だけ直す!その1
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製ヤマハ11 ストップオルガン 袋張り
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 1924年製 YAMAHA 11 ストップオルガン 袋はがし
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
  • 楽譜棚、新製品完成!
Archives
Recent Comments
訪問者数

    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ